★ エリー・グレースから学ぶ、フラワーアレンジメント通信講座!
NYスタイル「楽しいテーブルアレンジ」

手軽にできて、豪華でかわいいフラワーアレンジをレッスンします!

★★ このブログの「フラワーアレンジメント元気通信、NYより!」は、アメブロに引越しして名前が変わりました。「NYフラワー元気通信!」続きはこちらから。

2009年03月11日

銀行に寄ったときのこと

キタノホテルのお花の活けこみの後、入金があったので、チェイスバンクに寄りました。私のメインバンクです。

入金の用紙に書いて、全て用意してただデポジット(入金手続き)をするだけでした。いつものようにロビーにあがっていくと。。。

「ハロー、ハウアーユー?」

えっ、やたら声をかけてくる。。。カスタマーサービスのお姉さんだ。

最近、銀行に行くとやたら愛想がいいのです。
今までと違います。
この景気が悪くなってから、とても感じます。
もう一つのバンク、シティでも同じでした。
銀行もやれることはやろう、という心構えなのでしょう。

「ただ、デポジットだけするの」

「それなら、カレもヘルプできるから、こちらへどうぞ」

と、なんと、特別顧客担当のお部屋へ通されました。

いやー、ちょっとした金額だから、いいってばーー。
と、こころの声が叫んでましたけど、お兄さん、暇そうだったから、ちょっとやってもらおうか、と思って椅子にかけました。

「どんなビジネスしてるの?」などと質問が始まりました。

やっぱり。。。
「こんなプロダクトあるけど、どうでしょうか?」

と、今度はちょっと先輩のような女性に繋げられました。

そこで、その女性と話すうちに、私がフラワーデザイナーで、教室を経営していると言った途端に、
「私、そういうのをやりたいと思っていたのよー」
と、興奮気味に話始めるのです。

それから、お花に関しての質問攻め。
費用はどれくらい?どこでやっているの?どんなもの?などなど。。。

要するに、いつどうなるかわからないから、そういった手に職をつけることを積極的に考えているとのことでしょう。ひしひしと感じました。

アレンジメントの単発クラスを以前とったことがあるけど、(ドライフラワーだったらしい)とても楽しいから、またやってみたいとのこと。

まぁ、自分の進めるプロダクトそっちのけで、熱心なこと!

私の英語のサイトを教えたら、ぜひWaitingリストに登録したいと。
今、私の英語のレッスンを待っている人たちは10名以上になりました。

春にでも初めての英語でのセミナーをしてみようかな、と考えていたところで話したら、「絶対に、行くー」とのこと。

まぁ、まぁ、驚きましたよ。まさか、銀行でこんな話になろうとは。

シェリルという黒人女性。とてもおおらかそうで笑顔がステキな人。
教えたら、おもしろいことになりそうな予感。。。

PS:
キタノホテルでは、今年初めての八重桜を活けました。
早く本当の春になれ〜。今、まだ0度前後のNYです。
IMG_4969.jpg



posted by エリー at 11:59| Comment(1) | TrackBack(0) | ニューヨークの街角から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ああ、やっぱりね。
チェイスで同じ目に遭いました。
こんな口座あんな口座とパッケージされたサービスを説明されましたねぇ。
実は銀行はお宅だけじゃなく、他でも持ってますからと言ったら、そうですかと、やっとさがってくれました。
ちとばかり、やりすぎのような気もするけどね。
Posted by ryo at 2009年03月12日 10:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。