★ エリー・グレースから学ぶ、フラワーアレンジメント通信講座!
NYスタイル「楽しいテーブルアレンジ」

手軽にできて、豪華でかわいいフラワーアレンジをレッスンします!

★★ このブログの「フラワーアレンジメント元気通信、NYより!」は、アメブロに引越しして名前が変わりました。「NYフラワー元気通信!」続きはこちらから。

2009年04月03日

電車で見たカップケーキ

昨日、お花の買出しに高速を走っていたときに、いきなり黄色のレンギョウ軍団がーーー。
とうとう、春は忘れずにやってきたみたいです。
なんか、あの黄色が元気をくれました。
Horsecia.jpg

そして今日のランチは、NYキタノホテルのレストラン、白梅でのレディスランチ。

この前、私のウェディングの花を手伝ってくれた生徒さんたちとランチに行きました。久々に堪能する繊細な日本食。

器も凝っているし、とてもお上品な盛り付けだし、味に期待していたから、みんなのお腹のすかせ具合も完璧だったし!?

これは1の膳。どれもとても上品な味付け。日本酒が欲しくなりました。。。
右下のは、カリフラワー入りのお豆腐です。
DSCF7176.jpg

そして、3の膳の後には白玉ぜんざいのデザート。
これは私のお気に入りの選択です。
それに、なんと特別に料理長さんからのお志のスウィーツが出されました。
右側のが、くずきなこの黒蜜かけ。これがトロリくずもちの絶品でした。
忘れられない味になりました。
DSCF7182.jpg


さて、そして本題。それよりも、その後におもしろいものを見たから早くお知らせしたくって。

そのランチの帰り、久しぶりにフェイシャルに行きました。
私のお気に入りのエステシャンのところに行くときのこと。

乗ったEトレインの中は混んでいたので、私は立ったのですが、斜め前に座った男性がなんか怪しげで。

おおきなスポーツバックの中がいきなり見えたのですが、なんと、サンドイッチロールパンがたーくさん。何十個入っているのだろうと思うくらい。たぶんお店の残りでももらってきたのかな?と。

ちょっとみなりもいまいちだから、家族にでも持って帰るパン類なのかもしれません。

でも、あんなにたくさん、というくらい、大きなバックにめいっぱい詰まっているんですよ。

そして、そこに入りきれないらしく、四角の箱に入ったカラフルなカップケーキを大切そうに持っている。

そのカップケーキ4個は、よくアメリカのあちこちで見かけるような、なんとも甘いアイシングがどっぱり上に乗っていて、色もカラフルを通り越して毒々しいもの。わかりますよね、あれ。

彼は、そのカップケーキのふたをおもむろに開けるから、「え、こんな混んでる電車で食べるの?それ食べたら、ひざにぼろぼろ落ちるよ。」と何気に、しかもそれなりに気にして見ていたら・・・

何をしたと思います?

いきなり、一つずつのカップケーキのアイシングのところ、つまり一番トップに人差し指をズボッと深くつっこんで、その指を味見をするごとくに、ベローリとなめたのです。

えーーっ、指きたなそう。。。と見ていると、それを1個ずつやっているの。べろーり、ベローリって。

きれいにアイシングがかかっていたカップケーキの上に指の穴がズッポリ。

これって、どういう意味だろう??って、あまりじろじろ見ないふりして観察しちゃった。

その人は、一通り4個全てのカップケーキの味見をしてから、その穴があいたカップケーキのふたを閉じて、今度は、サンドイッチがいっぱい詰まっているあのバックにぎゅーッとしまいこんで安心したような顔をしたのですよ。

これって、何?きれいなまま持って帰ればいいのに。。。と事情も知らずに私は思うのですが、その後にどんなドラマが待っているのでしょうか???

大都会は、本当にいろんな人がいますねー。これって、もし私が誰かと一緒だったら、笑ってしまったかも。そんな出来事でした。

あのカップケーキは、子供だったら大喜びすると思うのだけど。穴開きではねぇ。。。
posted by エリー at 12:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 美味しいもの大好き! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。