★ エリー・グレースから学ぶ、フラワーアレンジメント通信講座!
NYスタイル「楽しいテーブルアレンジ」

手軽にできて、豪華でかわいいフラワーアレンジをレッスンします!

★★ このブログの「フラワーアレンジメント元気通信、NYより!」は、アメブロに引越しして名前が変わりました。「NYフラワー元気通信!」続きはこちらから。

2009年09月27日

応用作品を添削しますよ!

プロ・デザイナー科(上級)にあがって、ますます熱心なMさんから、ご自宅で活けなおした作品の写真が届きました。

私は、写真での添削もしますから、どうぞみなさんもふるって送信してくださいね。ご自分では気がつかないところが、けっこうわかったりしますから。
また勉強になるでしょう。

masumoto.JPG

Mさんのメールから、

ブーケは翌日に、前回使ってまだまだ元気だったあじさいと共にセンターピースにしてみました。


どうでしょうか?  
上の写真、とてもきれいにリメイクされましたね。

手にした花材をうまく使った、とてもよい例です。それでご紹介したいと思いました。

あれがないと出来ない、、、とか言っていないで、どんどんできる範囲で応用してみることも大事かと思います。

足りない花だけを、近くの花屋で買ってみるとかもいいですね。自分で選んだ花を足すというのも、勉強になります。

というのは、さて、これをどう活けるかな?こうした方がいいかな?と思案する!というのが、上達への道なのです。ただ、与えられた花材をこなすだけではなく、自分で考えて応用してみるということが、とっても重要です。

以前ENYFDをご卒業されたMさんは(こちらもMさんですね)、いつもレッスンの次の日にはいくつもの応用作品のパターンを見せてくれました。

今日はこういうふうに、昨日はこんなふうに、、、と9作品も代えていろいろと試したときもありましたよ!

それで、もちろん、彼女がとーっても上達されたのは言うまでもありません。毎日アイデアを考えているのですからね。

そのMさんは、私の影響から草月の神埼先生につながり、今は一生懸命草月流を研鑽しているところです。

とても楽しいと言っていました。
やはり、研究熱心だから、上達も早いですね。

生け花も同じアレンジするということですが、フラワーアレンジメントとは全く違う角度から花を捕らえるといいましょうか、それがまたおもしろいものなのです。

手法は全く違いますから。とにかく、枝ものを使って、少ない花材ですっきりと活けるところなどは、目からウロコですねぇ。

近い将来に、私も草月流を教え始めようか、とも思っていますが、こちらは花器とか剣山とかけっこう先生が用意するものがたくさんあって、、、もちろん場所もいるし。

そのような想いが実現するかしら、と最近は思案するところです。

花をいろんな角度から捕らえてみる。
どうぞみなさんもお試しくださいね。

もし機会があれば、他のセミナーや勉強会などにも参加されるといいですよ。
また視点が増えて、見る目が養えますから。
私もいいものがあったら、ご紹介しましょうね。

とりあえずは、今、出来ること!
レッスンでアレンジした花をまた活けなおしてみるのは、どうでしょう?
そして、写真を送ってね。

あ、これはたぶんアドバンス科(中級)以上の方ですね。ベーシック科(初級)の人にはまだむずかしいからあせらなくていいですよ。今にどんどん試したみたいときが来たら、の話です。ベーシック科の人には、きちんと基本を学んでもらわないといけませんので。

この基礎が出来ないと、後で応用ができなくなりますからね。ここは、しっかりと!

あ、そうそう、それから、秋のアレンジの企画が出来上がりつつあります。コーニュコピアという、感謝祭ならではのバスケットアレンジにしたいと考えています。

今にアップデートしますから、どうぞお楽しみに!



posted by エリー at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | NY・お花のこぼれ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。