★ エリー・グレースから学ぶ、フラワーアレンジメント通信講座!
NYスタイル「楽しいテーブルアレンジ」

手軽にできて、豪華でかわいいフラワーアレンジをレッスンします!

★★ このブログの「フラワーアレンジメント元気通信、NYより!」は、アメブロに引越しして名前が変わりました。「NYフラワー元気通信!」続きはこちらから。

2008年06月25日

チキン・パルメジャーナとジム・クラフティックス

今、我が家はとてもにぎやかです。
夏休みで、長男とが帰省中だから。彼女を連れて。
毎日、わいわいとなんか合宿所みたいです。

昨夜は、その彼女、クリスティーナが美味しいイタリアンを作ってくれました。
チキン・パルメジャーノ。
IMG_5620.jpg

薄いチキンカツにトマトソースを敷き、そして、モツァレラチーズを上に乗せてオーブンで焼いたもので、若者に大人気のイタリアンです。

アメリカ製のパン粉を使います。それはイタリアンの香辛料がすでに入っているもの。なるほど。。。

とても美味しかった。
息子も慣れているように、かいがいしく一緒になって手伝ってクックしています。

その子達、とてもアスレチックで、今日はお庭でこんなことをしてみせました。
名づけて、「ジム・クラフティックス」。

体操の競技のようで、対になってする腹筋体操とも言いましょうか。。。
アクロバット的なもので、見ていてひやひやしました。

どんなものかお見せしましょう。まずは、息子がトライしています。
でも、失敗。
IMG_5633.jpg

IMG_5635.jpg

そして、クリスティーナの番。タラーン!
IMG_5636.jpg

IMG_5638.jpg

息子よ、負けているではないか。。。

そして、別のポーズ。
IMG_5640.jpg

クリスティーナは、アメリカ女子サッカーチームのセミプロの選手。
来月からチェコスロバキアに1年遠征してきます。
全身、すごい筋肉ですよ。たのもしいの。とても明るく正直な彼女です。

もうちょっとすると二人は遠距離恋愛になるそう。。。さてどうなるか??

そ、そして、今夜は、今度は次男が彼女を始めて連れてきました!
いつのまに、そんなに仲がいいの??

そして、次男は私が教えたサーモンの蒸し煮を彼女のために作り、後は私たち全員で、コロッケをたーくさんこしらえました。すごい量でした。。。チームワークよろしく、衣つけもあっと言う間でした。

私は、二人の息子の成長ぶりにあっけにとられているうちに、すっかり写真を撮るのを忘れたので、その様子はお見せできません。。。失敗。

でも、なかなか楽しかったし、最高のディナーになりました。


posted by エリー at 11:53| Comment(2) | TrackBack(0) | つれづれなるままに・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月04日

マウンテンローレルと今日のちょい失敗!

今朝のキタノホテルの活けこみは、マウンテンローレルという今の季節の花、枝を使いました。
この薄ピンクの小花がもう少しするときれいに咲くのできれいですが、今はちょっと迫力不足。

IMG_5339.jpg

ホテルやレストランの活けこみには、長く持つお花を使うのが常識です。
だいたい枝ものは1週間持つものが多いのですが、決まって最初はあまり花付きがよくないから、しばらくしないと花の咲く様子がわかりません。
火曜日に活けると、だいたい金曜、土曜ころが見頃です。

さて、その帰り道。
もう少しで家に着くというときに、おもいっきりあわてました!

携帯電話を私の作業用のエプロン(花はさみと一緒)のポケットに入れっぱなしできたことを思い出してー。
キタノホテルのレストラン「白梅」の裏にある、作業用の道具箱の中です。

あれ〜〜と騒いでも、しょうがない、戻るしか。。。と決断を下すのに5分かかり。。。

朝早く起きての活けこみだから、ちょっと疲れたしお腹もすいたしで、「ランチに昨夜の残りのお肉を・・・」なんて考えていたからちょっと参った。
もっと早くに気付けばいいものを。トホホ。。。

明日の午後にはその近くに行くからその時でいいかー、と何度も思いましたが。。。
しかし、約24時間もレストランの裏の片隅で、私の携帯がリンリンなっているのも迷惑だろうし、電話が繋がらないと言って、何度もかけてくる人もいるだろうし。。。あーあ、とため息つきつき戻りました。

今は、携帯ないと始まらないもんねぇ。

途中でお昼を食べることにして、それにあまりにも天気がいいから公園経由で行ったりして、結局2時間半のロス。
携帯を手にしたら、その間にやはり3件の着信とメッセージ。
あー、やはり戻って正解、という午後になりました。

家に戻ってコーヒーを入れてほっとしたらなんか眠くなり、、、お昼ね(お夕寝?)しちゃったら、なんか今とっても元気です!(もうすぐ夜の8時なり)

今から、クローゼットの片付けに入ります!
なぜかというと、我が家で友人たち6人と今週末にまたガレージセール第2弾をするからです!
お近くの方、来てくださいねー。

Ellie
posted by エリー at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれなるままに・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月03日

ブログからの投稿OK

IMG_5283.jpg

いつものメルアドから直接このブログへの投稿ができることがわかりました。

なーんだ、早く知りたかったよ。。。って感じですが。

ですから、今はそれのテスト中。

毎日毎日メールはたくさんするけど、やはりブログをわざわざ開いて書いて投稿して、、、というのは、けっこう手間がかかるものです。

でも、もしこれがこのメールからの投稿でOKならば・・・ヒャホーって感じ???
ま、当分これでアップデート、頑張りまーす。

--
★☆★ Ellie's New York Floral Design ☆★☆
Ellie Grace

NYスタイル★ゴージャス・フラワーアレンジメント
「基礎力つけて、楽しく優雅にフラワーレッスン!」

∞〜〜∞〜〜∞〜〜∞〜〜∞〜〜∞〜〜∞〜〜∞〜
posted by エリー at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれなるままに・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初夏の始まり

6月になりましたねー。
初夏の始まりの感あり〜の天気でした。

NYの6月ってけっこう雨が少ないんですよ。知っていました?
ジューンブライドって、日本では「何で梅雨時に??」って思われるでしょうが、
アメリカでは何でこう呼ばれるかって、雨が比較的に少ないし、さわやかだから、結婚式の予定が立てやすいとか。

本当のような気がします、今日のさわやか天気を見る限りは。
今年の夏は、こんな日が続いたらいいなーって思います。。。
しかし、けっこう蒸し暑く、寝苦しい夜もあったりするNYの夏って、予測不可能。

不思議だけど、昨日はあんなに湿度がなくてさわやかよい天気だったのに、「なにー、今日の湿度はーー!」と怒るようなときもあるから、ご注意あれ!


--
★☆Ellie Grace ☆★
DSC00049.jpg
posted by エリー at 07:45| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれなるままに・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月24日

メモリアルデー・ウィークエンド

今日の午後、お花を仕入れに出たら道がすごーく混んでるの。
「あれ〜、何かあったの?」すぐに渋滞にひっかかり、予定の時間内に仕入れが終わらない気がしてきました。

まだ午後の2時半なのに、高速ものろのろで参りました。

そう、なんで今日はそんなに道が混んでいたかというと、月曜日がメモリアルデーで休日だからです。

そして、その前の金曜、つまり今日から4日間のお休みだから、それでみんなどこかに出かけるというわけ。
そういえば、朝から近所の子供たちの声がして、あれ、どうしたのかな?っておもっていました。
仕事が今日もある人は、早く帰るし、まぁ、私も今日がこんなに混むなんて忘れていました。

メモリアルデーとは、戦没者記念日のこと。各地でサービスがあります。
それで、日系人会でもそのサービスのために花のリースを7個も頼まれました。
今日は、その花の仕入れだったわけです。

いやー、そこに行って帰るのに、いつもの3倍はかかりました。

今日は暑くもなく、寒くもなく。。。で、もうそろそろ夏になりそうです。

アメリカ人にとっては、このメモリアルデーを境に夏と定義する人が多いです。
それにこの北国は、春はとても短くていっきに夏になるのですから、おもしろいですよ。

DSC00066.jpg
6月になると、しゃくやくが見事に咲きますよ。




posted by エリー at 11:36| Comment(3) | TrackBack(0) | つれづれなるままに・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月23日

HPのアップデート完了

今、終わりましたー。HPのアップデート!全部、私がやりましたーーー!!るんるん
(私、今、叫んでます。。。)肩がバンバンですが、すごい達成感。

DSC_3262_2.jpg

今までは、何か情報に変更があるときに、私のウェブデザイナーの木村氏にお願いしていたのですが、木村さんは本業のオートバイの方が忙しくなり、細かいことを頼みにくくなりました。(彼は、ハーレイに乗っているのです。)

というか、彼が捕まらない。。。困った、どうしようの世界がかなり長く続き、、、それで、なんとしても自力でアップするしかないと言う結論になり、それでHP作成の勉強を始めたわけです。

これ、本当の動機。でも、自分で好きなときに好きなように発信できたらいいだろうな、っていつも想っていた。だから、つらかったけど、やりました!!

本当に、肩がはります、足がむくみます、座りすぎて、キーボードに向かいすぎて。

でも、けっこう好きみたいです、自由にできるのって楽しいから。

いや、これは決して自由自在といレベルではない、超初歩の段階ですが、でも、私はシンプルで充分です。みんなに、きちんと私の胸のうちをお伝えできればいいのだし。

と、いうことで、見てください。私のスクールのHPぴかぴか(新しい)

そして、スクールのサイトに4ページ追加しました。すべて別ページに立ち上がりますが、わかりますか、その4ページ?

それから、この前、NYジャピオンの姉妹紙、英語版の雑誌に出る機会を見計らって仕上げた、エリーの英語のサイト、エリー・グレース.COMがあります。こちらもリンクしました。

夏以降のスクールのスケジュールもアップしました。その他、いろいろ細かいところも直しましたから、今現在の新情報サイトになりました。

これからは、ブログだけではなく、きちんとHPでタイムリーに新情報をアップさせていこうと思っています。よろしくね。
DSC_3322_2.jpg
嬉しいときには、蘭ですねぇ。。
posted by エリー at 13:27| Comment(2) | TrackBack(0) | つれづれなるままに・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月14日

NYキモノクラブと和尚さん

私の友人の一人にとーってもチャーミングだけど変わっている人がいて(笑)、彼女が発足させたNYキモノクラブ。

そのイベントの一つに日本から「あじゃり」というタイトルを持つ、高尚なお坊さん、釈和尚がいらして講演をしてくださいました。

このキモノクラブの会長は、コンドーミナさんと言って、エネルギーと行動力の固まりとも言える女性。しかし、いつもはらはらさせられることが必ず起きる。

このイベントの2日前の夜、ミナさんから電話があり、
「エリーさん、お願いがあるんだけど。。。」と、やけに神妙な声。

「明後日の12日にすごい人を呼んでいるんだけど、今週15日に総領事公邸のメインイベントに気をとられていて、ちっとも集客がうまくいっていなかったのよ。だから、お願い、人を集めて。すごくいい講演になるから」

「えーーー。明後日!」(絶句!)
もっと早くにいってくれればいいのに。。。

そして、次の日、つまり講演1日前に、このようなメールがきました。

急なお願いですみません。
12日に面白いパーティがあります。着物クラブ主催のパーティですが、有名な日本の宗教人が来て、話しをします。ヤクザの親分になるはずだった道から禅寺に転向し、霊山で1000日間の修行をつんで、大阿闍梨  と呼ばれる高名なお坊さんになられた、釈正輪大和上のお話し(この方はかなりの迫力です)
また、花柳流と藤間流の先生が吉田兄弟の音楽に合わせて踊りを舞って下さいます。」

だめもとで、それから友人たち10名くらいに声かけたけど、急なことでほとんど都合付かず、それでも4名ほど「おもしろそう!」と言って、来てくれました。

「40名くらい予定していたけど、20名も集まっていない様子。。。」と聞いていたけど、当日の会場には、えっ?それ以上いる??

「思ったより集まってくれて、びっくりーー」とミナ殿はのたまうが。。。

「全くー、ちょっとは反省しなさいよ」と強い言葉をかけるけど、またまた許してしまう私です。

ミナさんはとっても不思議な魅力の持ち主で、いつも事があると途中は必ず波乱があり、しかし、最後はピシッと決まるというか、みんなで拍手〜〜!となるように持って行くというか、そういう特殊なまとめる能力があります。NJで有名な「たんぽぽ」という雑誌の編集長もしていました。

並外れた行動力とエネルギーに圧倒されて、知り合う仲間たちは、いろいろビックリしながらも協力しちゃうという、おもしろい現象が起きます。

「NYで着物着たい!」と思い立ったら即行動し、即、このクラブを発足させた方。そして、数々のイベントをこなしています。

私も最近になって、母が作ってくれた着物を着たいと思うようになりましたが、NYの自宅のたんすのこやしに長いことなっていたから、日本の実家に預けたところです。

また、持ってこようかと思い始めています。みんなで着物を着て、おいしいレストランに食べに行こうと言っています。団体さんで、着物を着て歩くNY。うわ〜、目立つ〜〜。そうしたら、けっこう周りで自分で着付けを出来る人がいたんですよ。これもびっくりです!(私、できません。。。)

そして、釈和尚の講演。あのにこやかさとまろやかな雰囲気は、絶対、只者ではない!というオーラをお持ちの方のお話。「誰もが出会うのは縁で、偶然な事ではなく、必然である」と。これからNYにもちょくちょく来て、講演活動をされる様子です。

NYにおいて、お坊さんのお話を直接お聞きすることは滅多にないので、仏教の礼儀の話など大変よい知識を得ることができました。日本では、八王子にある「慈香院」というお寺に属しています。
zoom shaku-1.jpg

釈和尚とミナさんと仲間たち。あれーー、ごめん、後ろの友人たちよ、ぼかしちゃったーー。

ミナさん、とてもホッとした顔してる〜。そして、釈和尚、NYについさっき到着したばかりというのに、大変力強いお話、どうもありがとうございました。
posted by エリー at 12:20| Comment(2) | TrackBack(0) | つれづれなるままに・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月11日

今年の母の日に

今日は、ちょっと自慢しちゃおうかな?の記事です。。。

今年の母の日は、どうでしたか?そう、母である人にとっては、楽しみの一つでもありますよね。
実は私は、自分の誕生日よりとても楽しみなものになっています。

さて、今年はどんなサプライズをしてくれるのかな?ってワクワクします。
子供たちの金欠状態で、お金のかかったものではないけれど、工夫した形での愛情表現を見せてくれるからです。

母の日の一日前に、ピンクの封筒に入ったカードがボストンにいる長男から届きました。
すぐに、それとわかり、ニンマリ手(チョキ) それが、このカード!
08mothersday card.jpg

プッと噴出す文句ですので、ご紹介を。
左の子がどうもお兄ちゃんぽいですね。

"Hurry up, dear brother, that's Mom calling us!"

「急げ、弟よ。お母さんが呼んでいるからね。」

"Yes. We simply must get home and assist Mother with her household duties."

「そうだよ。僕たちは早く家に帰らないとな。だって、お母さんのお手伝いをたくさんしなくちゃいけないからさ!」



とまぁ、かわいらしい会話がある男の子たちの写真です。

それから長男から電話がきて、弟がきっとカードまで気が回らないだろうから、だって。

そして、その弟くんですが、今年はなんと私にお手製のハンバーグを夕食にこしらえてくれました。
最近は、週1くらいで私からクッキングを習い始めた次男です。
将来の自炊に向けて、レパートリーを増やすためだそうです。

そして、つい3週間ほど前にハンバーグを教えたらうまくできて、大変喜んだ様子。
だから、それを再現したいとのことでした。

ところが。。。翌日は大嫌いな数学のファイナル試験(学期末テスト)。
それで、キッチンで勉強しながらため息ばかりでいっこうにクッキングする気配がなく、午後7時になっても頭かかえてうなっている息子くん。

「あの〜、お母さん、お腹がすいてきたんだけど。。。」との声かけにも、「このページが終わってから」と冷たい言葉が返ってきたから、しかたなくそこにあるバナナを食べて、クッキーを食べておせんべいを食べて空腹をしのぎ。。。

とうとう問題を解くのをあきらめて食事を作り始めたのが夜の8時。
それでも私はあまり文句も言えず、また近くでハンバーグ指導をして、ようやく食事にありつけたのは8時45分ころ。

次男の第2回目の挑戦ハンバーグは、こんな感じでした!
IMG_5152.jpg

我が家のハンバーグは、煮込むタイプ。とても簡単な味付けを教えてます。
これは、その息子用に工夫した?レシピです。

ソースは、焼いたハンバーグの上から200ccのお水をお鍋に入れて、それに対してケチャップがお鍋ぐるぐると3回まわり。それからお好みソースはその半分の一回転半。それにちょこっとお砂糖と塩コショウして出来上がり。

そんなアバウトなソースでも、焼き加減とマッチすると、なんかとってもいい感じ。若い子ウケする味にかわります。

それから久しぶりにお皿も洗ってくれたし。。。なんとも嬉しい母の日で、今夜はニンマリしながら眠りそうです。

ラベル:母の日
posted by エリー at 04:04| Comment(2) | TrackBack(0) | つれづれなるままに・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月05日

芸は身を助ける?

今、NY時間の夜中の1時。
今日のよかったことを急に文章にしたくなったので、やおらブログを立ち上げました。

今日というか、昨日になるか、夕方に友人のT江さんを出迎えにNewark空港に行きました。
元気に日本からの一時帰国から帰ってきたのでほっとしました。
Closeup-1.jpg

T江さんは、ちょうど1年前、わけもわからぬ病に急に倒れ、生死のふちをさまよったのですが、奇跡の生還をしました。その回復劇は、担当の先生の想像を超えたようで、学会に発表されたくらいです。

それが起きたのが、彼女の出張中のカリフォルニアでの出来事だったので、私たち友人はすぐにどうすることもできなかった。意識不明の状態が10日も続いたとのこと。心配ばかりしていました。

そんな彼女がほぼ全快してNJの自宅に戻り、そして、まもなく仕事に復帰しました。その一つ一つの話を聞くと、まるで他人事のように聞こえ、物語を聞いているようでした。その全てが奇跡としかいいようがありません。

そして、T江さんは2年ぶりの日本への一時帰国。その送り迎えをしてあげました。

T江さんは、すごく多才多芸の人。何でもやればほぼ完璧に出来るという人っていますよね。
そんな感じの人です。

昔はエアロビのインストラクターをしてスタジオを持っていたり、ジャズシンガーとしてデビューする寸前だったとか。。。いろいろ。そして、ここ数年は、ビーズアートに凝っていて、それは巧妙でステキなビーズのアクセサリーを作っては、喜んでいました。

今回の帰国に際し、なるべく実家でゆっくりしようと、ふっと思いついて病気で倒れる前から触っていなかったビーズの道具一式を持っていったとのこと。(そういえば、荷物が多かったわ。。。)

実家ではゆっくりできたそう。でも時差ぼけで朝4時に目が覚めたら、なぜかすごくクリエイティブな気持ちが高まってきたので、ビーズを出してやおら作り始めたら。。。あら〜、止まらない。

なんと、3日間の朝4時から朝ごはんまでの間に、あっと言う間に200個のアクセサリーを作り上げたというのです。次々に創作意欲が出てきて、止まらないのだそう。

自分でも超久しぶりだったから「出来るかな?」と疑っていた部分があったから、自分自身驚いたと言います。

それが、楽しくてあっと言う間に3日間で200個。 Wow!ぴかぴか(新しい)

彼女の作品を前から仙台と東京の友人がそれぞれ周りの人に売ってくれていたそうで、帰国間際にその完成品を手渡してきたそうです。

以前売れていたものがあって、それをかき集めたらけっこうなお金になっていたらしく、それで美味しいものを食べ、遊んできたって。すごい〜〜。

やっぱり、T江ちゃんは、やればできるのねぇ。感心しました。休暇の旅行でもしっかり元をとって帰るというか。

結果はそうなったけど、自分の創作意欲の沸き立ちがやはりリラックスしたらぐ、ぐ、ぐーーっと出てきたのが嬉しかったそうです。

いつもは、会社勤めだから、病後に体力も落ちたしで疲れやすくて、帰宅してもぐったりだと、何かをしようという気にちっともならなかったって。

そうですよね、クリエイティブなことって、気持ちのゆとりがないと生まれてこないかもしれません。

特にお花を活けるのは、豊かな気持ちにならないとうまく活けられませんもの。
(私は、活けるときはクラシック特にオペラの曲をかけて、形からも自分を高めるようなことをします。)

そして、そのビーズのアクセ、すぐに売れ始めたというのです。彼女の作品に対する意欲とか愛情とかが乗り移って、そのビーズのアクセはたぶんすごくよいオーラというか??エネルギーを持っているのかもしれません。

売れる商品というのは、必ずと言っていいほど、作り手の愛情や感謝の気持ちが入っていると本で読みました。売れていないのは、共鳴するものが生まれていないと。

そんな箇所を読んだところだったので、今回はとても興味深く関連性を持って聞くことができました。いや、おもしろいものです。(そうそう、今回のビーズのアクセは、きっと楽しいお小遣いになることでしょうね。)

そして、それよりもなによりも元気になったT江さんが楽しそうに話すの見て、また嬉しくなりました。
Closeup-3.jpg
posted by エリー at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれなるままに・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月07日

NYジャピオンと桜。。。

いつもお世話になっている日系新聞の情報誌、NYジャピオンが7周年を迎えられました。

そのフリーペーパーは、NY近郊の日本人たちに大変評判よく、とてもよい情報をいつも流してくれます。

そして今週号4月4~10日号の「今週の注目コーナー」の新連載に「花のある生活」と題して、フラワープチ研究と題して、エリーのコラムが取上げられました。

その記事はこちら。↓
2008-04-06 22;17;22 (2).jpg

私のお得意分野、「花の色あわせ」についてです。

私は、花を選ぶのが大好きです。
花市場に行って、たーくさんある花の種類から、今週はどんな花をプロ科さんたちに活けてもらおうか!って選ぶのが、楽しくてしかたありません。

今週のNew Arrival の花としてまずは眺めて、それからずずーっと市場を歩き回ります。そして、ピンとくるものを手にとって、それからどんどん花合わせをしていきます。

その時、色あわせは特に大事です。いくらピンとくるものがステキだからといって、先週や先々週と同じような花なら皆さんにはあきられますから、色の選び方や、花の種類など、いろいろな選定要素があります。

初心者の方にはそれはむずかしいことでしょう。花屋さんやデリに行って、その中から選ぶのはとてもむずかしい、、といつも言っていますものね。

こうなるには、もうちょっとかかりますから、辛抱強く習っていてね・・・としか、今のところ言えません。私もかなり勉強しましたから。

その花の色合わせについてのトピックを取上げてくださったから、満足でした。今週から4回にわたっての連載ですから、それを読んでいくだけで、かなりの基礎知識がつきますよ。どうぞお楽しみに。

でも・・・これらはもっとより詳しく、私の花の基礎知識のHP、「花に癒され、ハッピー・フラワーアレンジメント!」に載っています。そちらもどうぞご参考に。

そして、その週のジャピオンの巻頭特集が、「桜祭り前線北上ガイド」
ワシントンDCからNYにかけての桜や花見の詳細が挙げられています。

今日はゆったりとした日曜日。
朝起きて一番のメールは、日本の若い友達、えみちゃんからの桜便りでした。
な、なんというタイミング!かわいい

また、たーくさんの桜の写真を送ってくれました。
見てくださーい。特にまだ寒いNYの方たちに、いち早くお届けしまーす。ぴかぴか(新しい)

DSC_3935.jpg

DSC_3936.jpg

DSC_3951.jpg

DSC_4027.jpg

日本人の桜に対する想いは、格別ですよね!!
posted by エリー at 11:48| Comment(4) | TrackBack(0) | つれづれなるままに・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月11日

癒され蘭!

無事にNYに戻ってすでに1週間が過ぎました。。。

時差ぼけがあるんだか、ないんだか、今回は夜とてもよく眠れます。
以外です。。。そして、とっても助かります。

以前、全然眠れなかった時差ぼけを思い出すのもつらく、あーぁ、今回はどうなるのかな?と心配していたのがウソみたい。

しかし、日中はどうもやる気が起きず、こうしてやおらパソコンをたたくのはもう深夜。。。
もう少しで、NY夏時間になったばかりの夜中の12時。
ついさっきまで、頭がなんかはっきりしなかったような〜〜。

でも、日本の私の若い友人のエミちゃんから、すっごく素敵な蘭の写真をいっぱい送られてきて、目が覚めましたー。
DSC_3262_2.jpg

DSC_3322_2.jpg

おっと、ここで全部紹介するわけにはいきません。。。

時々、何をブログアップしたらよいか困る時のために、後の写真群をとっておくことにーー。(あしからず)

沖縄に行ってセミナーをして、とても楽しい仲間もまた増え、その後母とおばが合流して一緒に宮古島へ行きました。

その時の写真をまだ整理していなのであります。。。
もうちょこっとお待ちくださいね。
報告もいっぱいありますから。

ですから、今日のところは、もう一つおまけにこの蘭を〜〜!
DSC_3393_2.jpg

今度から、時々登場すると思う欄の写真集からです。
エミちゃん、どうもありがとねー。

蘭のパワーを感じ、一気に時差ぼけ解消です。

春の息吹も感じられます。
今日も北風が吹くNYでありました。

ストーブなしの沖縄が懐かしい・・・です。
posted by エリー at 12:57| Comment(1) | TrackBack(0) | つれづれなるままに・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月26日

沖縄からこんにちは

沖縄からご挨拶です。

今日の気温は、朝は20度くらいあって、今は雨が降っています。
真冬なのに、ストーブがいらない。。。
これって、今までの私には考えられなかったです。
本当に、こういう地域があるのですねぇ。
冬に暖かいって、楽ですね。

来てから毎日セミナーをしています。
沖縄のみんなは、集中講義を辛抱強く?受けますね。
一日に7作やったKさん。
終わってもちっとも疲れないって。。。
すごいーーー。
今夜、ベーシックのテストを受けにきます。
そして、休みをとって5作も終えたYさん。
体力ありますねー。

沖縄は、気候もそうだけど空気がなんとなく心地よく、とても気分が優れて和みます。
私もめいっぱい仕事を入れるけど、あまり疲れないかな。

今日の午後は、セミナーの合間に、おもしろいところに行ってきました。

こちらでお世話になっている福地さんのオススメのユタのところへ。
沖縄のユタとは、リーディングする女性のこと。
めったに予約がとれないといううわさのところに電話したら運よくつながって、急に予約がとれて、周りがびっくりしていました!

そして、行って見たら。。。。そうか、そうかの納得づくし。
心配なことがやはりあたっていたとか、、、いろいろあって・・・今なんかまだ気持ち的にふわっとしています。
沖縄は霊的な人が多いようですね。
そして、私もかなり霊感が強いとか??
でも、ちっとも本人の自覚なし。

沖縄の色を勉強してみたらと言われて、その気になっています。
明日にでも、首里城に行って見ようかと思っています。

では、また沖縄報告しましょうね。
といあえず、写真なしの報告で、失礼しました。
今度、たーくさんアップしますから。
posted by エリー at 17:39| Comment(2) | TrackBack(0) | つれづれなるままに・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月17日

明日から日本へ

明日の日曜からまた一時帰国してきます。
VDW0003 (2).jpg

3/1は、母の78歳の誕生日で、今一人で頑張っているので、一緒にお祝いをしてあげたいからです。

一年前に父が他界して、それ以来、気丈にも頑張っている様子。
お茶の先生をしているので、それが大変励みになっています。
真面目な生徒さんに囲まれて、なかなか楽しそうです。

私は実家に帰って、そこから沖縄に行き、またセミナーをしてきます。
今度は土日にかけてのセミナー。普段、働いている人達が集まるようです。

そして、母とおばが後から来て、私が那覇空港で出迎えて、それから宮古島へ。

海を見てきます。海を!
2日目は、宮古島の観光1日コースを入れたので、それも楽しみ。

沖縄から、現地報告ができれば!します。
でも、確約はできません。。。PCを持っていかないから。

沖縄では、テーブルリースのアレンジの特別講習をしてきます。
とても春らしいアレンジを企画していますので、ご報告をどうぞお楽しみに〜。

それから、教室ブログには、3月以降のスケジュールとこの前スクールを卒業された斉藤さんのアレンジを載せました。
どうぞ見てください。

それでは、行ってきまーす!
posted by エリー at 13:40| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれなるままに・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月10日

人差し指とプロポリス

ようやく昨日くらいからまたパソコンが打てるようになりました。

木曜の朝、急いで花を運び込むときにあせっていたのか、車のトランクを閉めるときに左手の人差し指を思い切りぶつけたのでした。いやー、はさまなくてよかったのですが。。。(恐っ!)

痛っ! 
突き指したと思って、指を押さえていたら落ち着いたので、その後また作業していたのですが、しばらくして、爪のトップがぐっさりとえぐられていることに気づきました。

大事な作業の手です。
DSC_0510.jpg
花が活けられなくなるから、手の怪我には特に気をつけているのですが、突き指じゃなくて幸いと思いました。

しかし、かなり短く爪を切ることになり、これは深爪というのでしょう。ちょっと先が血走っています。
いたた。。。

でも、指先にバンドエイドをすれば、日中は何でもありませんでした。ちょっと不自由なくらい。

ところが、夜。メールを打とうとしたら。。。あらー、痛いではありませんかー。

左の人差し指で、「T」と使う文字を打とうとすると、いたた。。。なんか深爪が進みそうで、その指をはずして打とうとしたら、とっても打ちづらいのですねぇ。

短い文章になり、わかりづらい文章を直す気もしなくなり。。。調子が出ない。
私は、かなりブラインドタッチでキーボードを打てるのですが、出来ません。。。

ふーん、そうか、人差し指はこんなにメールに活躍してくれたいたのか、と改めて感心した次第です。

その後、「あ、こんなときにはプロポリス!」と思い出したように、買い置きのプロポリスを多めに飲みました。

プロポリスって知っていますか?
img_3966 (3).jpg

プロポリスとは、ミツバチによって創り出された天然の抗生物質と言われているものです。健康食品とか栄養補助食品になります。

もちろん、塗るタイプもあり、独特のにおいがしますが、とても免疫力が強いから、多目的に使われることが多いです。

我が家には、ずっと昔、それこそアメリカに住み始めた1993年ころからこのプロポリスを常備しています。ブラジル帰りの出張者にもらったもの以来です。

その当時、わけのわからないもの=プロポリスは、たったの10ドルもしないもので、その効能書きには、いろんな症状に対応する万能薬と書かれており、なんとも怪しげなシロモノでした。

しかし、恐る恐るも試してみたら。。。(私は、けっこう健康オタクなのであります)風邪がすきっと治る、傷口が早く治るなど。。。いいことばかり。嫌がる子供たちにもトライさせましたよ、もちろん!

その当時は、液体のみで、中にどろっとした松脂みたいなものがついていて、錠剤もなかったのに、その得体のしれないものを塗ったり、飲んだり。。。(考えると、よくやったものですワ)

その後プロポリスは、どんどん改良され、それにつれて価格もどんどんあがり、知名度もあがったしで手に入りやすくなりましたよね。

このプロポリスの云々については、けっこういろんな続きの話がありますが。。。私のブログには、またいつか機会があれば後日談として載せることにしましょう。

とにかく、今回の人差し指との関係は、炎症を防ぐこと、傷を大きくしないことの2つのために、「MYプロポリス」が登場したわけです。

たぶん、私はこのせいでしょうと思うのですが!あっという間に傷が癒えて、また元通りに指が使えるようになり、ほっとしています。

以前、やはり手を思いっきりドアにはさみ、それこそ痛みで声もでないくらいの怪我がありましたが、その時もこのプロポリスにお世話になり、思いがけずもあっと言う間の早いリカバリーだったのでした。

私はまだ腰を痛めたことがないのは、幸いです。腰を痛めたら、それこそ立ち仕事は難しいでしょうから、しばらく私の教室はお休みになることでしょうね。

そうしたら、頑張ってレッスンをしている方に申し訳ないですから、そうならないように、腰だけは相当気をつけています。それからもちろん手も!

さて、ようやく傷が癒えたので、今夜は何か美味しいものをクックしようと、デスクの上に今ずらりと料理本を並べはじめたところです。
320-fo04066510000[1].jpg
posted by エリー at 07:33| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれなるままに・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月26日

体にいい情報!

今年の初め、アラスカ旅行から帰ってから、風邪なのか、時差ぼけなのか、それとも認めたくないけど、○年期症候なのか。。。あまり調子がよくありませんでした。

048_thumb1.jpg

お花の買出しの日に、目が覚めたらもうお昼12時。
「えー、よく寝たー」と思ったけど、目を開けると天井がぐるぐる。
ひどいめまいです。

起きてみると、足元がふらつきそして、吐き気までしてきました。
「困った、どうしよう。。。」と言っても始まりません。

目がまわって、どうしようもない状態。
そしてもちろん食欲もなく、何も食べられない。

その日は、電話でお花を注文できるものはして、翌日の朝に花の仕入れをまわしました。

そして、翌日、なんとかめまいがおさまり、ふらつきながらもお花の仕入れをすませ、その後にフォートリークラスのレッスンが始まってしばらくすると。。。

あれー、不思議。何にもお腹に入っていないのに、どんどん元気が出てきました。

その後、夕方のレッスンをこなしているときも、なんか元気です。

やはり、私はお花を触って、みんなと一緒にレッスンをしているときがベストな状態だって、確信しましたー!(本当です、これは。)

その夕方のクラスで、秋から4ヶ月間、ボストン郊外の久司道夫先生の作られたクシインスティチュートでマクロビ(マクロビオティックといって、玄米生食のことです)を学んできた、KIYOMIさんが久しぶりにNYに戻り、そしてレッスンを再開していました。

翌日に、こんな貴重な、健康情報のメールをいただいたので、皆さんにもシェアーしたいな、と思いました。

3_thumb1.jpg

>先生、体調が回復され何よりです。 その後いかがですか? 
 
めまいや吐き気があるときは梅干番茶がいいですよ。
番茶(ほうじ茶)に梅干を入れるだけで簡単です。
梅干はできれば手作りの化学薬品の入ってないものがよいです。
 
聞き忘れたのですが、旅行中年末年始ということもあったと思いますが、
甘いものやお菓子、アルコール類を普段より多めにとられてはいませんでしたか?

またいつもより高カロリーな食品だったり、食べなれない食品が増えると体のバランスが崩れるので
そのような諸症状が起こりやすいのですが。。。

おー、まさしくそうです。思い当たる〜。(汗)

いつもより多めにワインを飲み、そして甘いものを食べ(スキーしているからいいか、という考え)、なんか胃もたれ気味だったのは、確かです。

やはり体調を崩すには、その原因なるものがあるんですよね。

ちなみに、KIYOMIさんいわく、

>番茶はできれば三年番茶とかがいいのですが、ほうじ茶でもアルカリ性なので、いいと思います。
現代食は酸性の食品がほとんどで、

アルカリ性の食品をとって体がバランスをとっているのを助けるという意味でもとてもいいのです。
梅干はアルカリ食品の代表選手みたいなものでもありますよね!

と、言うことです。

どうですか?勉強になりますよね。

KIYOMIさんは、学んできたマクロビのクッキングで健康になる方法の講習をしてくれるそうです。
私もとても興味があるので、「正しい食べ方}を学んでみたいと思っています。

なんでも、マクロビやって、痩せなかった人はいないそうですよ。。。
(別に、これが理由で習いたいわけではないけれどーーー。)
彼女自身、1年間で10キロ以上も痩せました。
そして、とても健康でエネルギーが満ち溢れているそうです。つまり、とっても元気なの。

KIYOMIさんは、そのクシインターナショナルで、インストラクターコースまで終了したとのこと。
今は、カウンセリングコース(たぶん上級コース?)を勉強中。

それから、もう一つ。
その学びの中で、九星氣学という易学もやってきたそうで、開運にとっても役立ちそう。

早速、私の今年の運勢を見てもらったら・・・。おー、すっごい納得です!!
これは長くなるから、またいつかに。。。

自分の誕生日から1〜9の数字を一つ割り出し、そのエネルギーを生かしていくということかな?
わかりにくい??

九星氣学は、天中○、とか、大○界とか、恐い名前のものはありません。
すごいポジティブな捉え方をするから、運が向上すると思います。そんな気がする。ホントに。

その九星氣学にとっても興味があるので、講座を開いて!と頼みました。
興味のある方、KIYOMIさんが忙しくなる前に!!一緒に学びませんか?!
とても簡単に、自分の運気アップになるように、むずかしいことなしで、教えてくれるそうです。

今、KIYOMIさんは、ご自分のHPを立ち上げ中で、これができたらまたお知らせしますね。

なんか、おもしろいことになってきた。。。

自分の持つエネルギーをしっかり理解すると、周りの人との人間関係の向上に多いに役立ちます。

興味のある方、私にメールくださいね。
学びの場所は、マンハッタンのミッドタウンになります。

Ellie


 

posted by エリー at 08:57| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれなるままに・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月07日

アラスカ旅行ではスキーが最高!

DSCF4840.jpg
冬のアラスカに行くなら、なんと言っても、スキーです!

アラスカの家族は、アリエスカスキーリゾート(アンカレッジから車で40分くらい)に、スキーのリフトのすぐ目の前のコンド(別荘)を持っています。

IMG_3444.jpg

高校時代、そのスキーに毎週末に強制的に??連れて行かれて、うっかり、「5年くらいスキーしたわ」なんて言ったら、最初にいきなりトップに連れて行かれて、恐くて泣きながら降りてきたことを思い出します。

アメリカの他のスキー場より、もっと斜面が急だと言います。
日本で滑っていたあの斜面とは、もちろん大違いです!

これが、スキーリフトからとった写真。↓
その日は、雲が下の方にかかっていて、大変きれいでした。

IMG_3400.jpg

さすがに、スキーリフトの上は寒かった。。。
いったい誰だかわからない格好で、失礼。。。
IMG_3395.jpg

スキーリフトから見る景色があまりにも綺麗で、ため息をつきながらシャッターを押しました。
IMG_3398.jpg

IMG_3403.jpg

IMG_3402.jpg

そして、トップに着きました。
雲に隠れている下の方が、クックインレット(入り江)です。
前日はすっごく綺麗に見えていたのに、その時はカメラを持っていなくて、残念。。。
つまり、アリエスカは、入り江に向かってそびえています。
IMG_3404.jpg

上の写真の向こうに救助隊が見えるでしょ?
かなりの人数の救助隊員がいて、安心して滑れます。
でも、お世話にならなくて、よかったー!とつくづく思います。

IMG_3406.jpg

あ、あれはスローンです!

下の方に下りていったら、4歳のスローンにスキーを教えているクリントたちと会いました。
スローンは、もうすっかり援助のひもなしで、かなり滑れるようになりました。
恐いものなしで、ほっとくと、直滑降に滑り落ちるとか。。。
お兄ちゃんの8歳のチェイスは、もうプロ並みに滑ります。
とても私はついては行けません。

結局、妹たち家族も含めて、合計4家族で年末年始はスキー三昧でした。
大晦日の31日もスキーしました。
そして、元旦の1日もスキーしました。
結局、7日間ぶっつづけてスキーしたのは、もしかしてあの高校時代以来かも?

太ももがパンパンになり、ジーパンがきつくなりました。
気持ちのうえでは、せっかく来たのだから、もっと滑りたい、もう1回リフトに乗ろうかなとも思うのですが、足腰が言うことききません。

まぁ、松葉杖なんてついて帰ってきたら大変ですから、かなり気をつけました。
まずは無事で何より。

息子たちは、もうスキーには興味なく、スノーボードのみ。
まぁ、転ぶこと、転ぶこと。
あの転んで起き上がるエネルギーは、はかりしれないものがありますねぇ。
私はもう太刀打ちできませんから、全く興味なし。

そして、スキーを終えて、アンカレッジに帰るときに見たクックインレット(クック入り江)がこの写真です。

IMG_3409.jpg

なーんかいかにも寒そうで、北極圏のような感じに見えるでしょ?
でも、入り江のせいで、ここはマイルドで、アンカレッジよりも5度くらい気温が高いのです。
いつもだいたいは、0℃くらい。
風もないし、とても穏やかです。
でも、さすがに夜は冷えるでしょう。

昔は、すぐそこに氷河が見えていたのですが、今では遊覧船に乗ってかなり奥まで行かないと見れなくなりました。
温暖化のせいです。

アリエスカには、日本の西武が建てた昔のプリンスホテルがあり、今は新しいアメリカのオーナーに代わって改装しました。

昔は、必ず北周りは、アンカレッジで給油していたのですが、今では直行便が増えたので、あまり日本人のスキー客がこなくなったそうです。

その1週間は、一度もスキー場で日本人に会いませんでした!
誰か、日本から来た方とお友だちになれるかな?なんて期待していたのですが。。。

アラスカのスキー、最高ですよ。
ちなみに、その元プリンスホテル、今では名前を改め、ホテル・アリエスカといいます。
Hotel Alyeska ↓ (ここがロビー)
IMG_3360.jpg

絶対お勧めの国際的スキー場です。

さて、冬のアラスカを堪能したので、今度は夏のフィッシングだー!と息子たちは騒いでいます。
クリントたちと小型飛行機でつりに行くそうです。
まぁ、しっかりお金を貯めなさいよ、と言ってあります。
よい目標になっていいでしょう。。。
私が今度はそれに付き合うはめになるのかな??

IMG_3439.jpg

さーて、年末年始には、私はいっぱい足腰を鍛えたので、これからは手を使って仕事します!

なんか、今、とってもアレンジメントが恋しくなっています。(笑)

来週からまたお教室がスタートします。
今年もよろしくお願いしますね!

posted by エリー at 07:52| Comment(2) | TrackBack(0) | つれづれなるままに・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月05日

新年のご挨拶とアラスカ旅行の報告!

IMG_3403 (2)new year.jpg

新年明けましておめでとうございます!ぴかぴか(新しい)

無事にアラスカ旅行から帰ってきました。

アラスカというと、どうも北極圏のようなイメージを持つと思うのですが、私たちが行ったアラスカは、南の方、クックインレット(キャプテン・クックの入り江)に面した穏やかな天候のアンカレッジ市です。

アンカレッジ市の気温は、NYとほとんど変わりません。
今は、まぁ、23Fくらい。つまりマイナス5度くらいですが、そのくらいだと、雪道も滑りにくく、とても安全だとのこと。
それに、ほとんど風がないので、とても穏やかに感じます。
もちろん、もっと北に行くと、それはもう寒いですよ、普通の?アラスカ!ですから。

その時に、NYの天気を見たら、全く同じくらいでした。
まぁ、今のNYはもっと暖かく、明日あたりはなんと10℃以上にもなるとの予報。
(これは異常ですよね。)

とてもアラスカらしい記念写真をお見せします。(息子たちと、雪かき車?と一緒に)手(チョキ)
IMG_3335.jpg

着いた当日はクリスマスイブ。ずっと雪が降らないアンカッレジでしたが、その日はホワイトクリスマスになり、みんな「よーやく降ったねぇ」とすっごく喜んでいます。(笑)

私のアメリカの妹のシェリーの家に行きました。
パパのオフィスを受け継いで、目医者になったシェリー。
子供は3人いて、一番下の女の子は1歳になったばかり。
すっごいエネルギーの持ち主で、なぜアラスカに今でも住んでいるかというと、アウトドアのスポーツが大好きだから。

シェリーは、ダウンヒルスキーで、なんとオリンピック選手にノミネートされたくらいすごい運動能力を持っています。

だから、ご主人のクリントも全くその通り。
身長198cmの大男のクリントも、一時もじっとしていないアクティブ派です。

その日は、かなり雪が降ったので、自宅前の坂とガレージ前の雪かきが始まりました。
しばらくしたら、息子にもやらせてました。
IMG_3328.jpg
ゴーカートみたいで、楽しそう。
息子は、しばらく坂の下に行って、帰ってこなかったもの。。。

それから、みんなでキック・スレッドに散歩がてらお出かけ。
次男のスローンが乗っているのが、キック・スレッドというそり。
よく週末には行くそうです。
IMG_3336.jpg

すぐ近くに公園があるそうで、そこに向けて出発。お、その前に、みんなはビールなんて飲んでいる。。。
(ところで、アラスカビアーがあって、これがこくがあって、なかなか美味しかった)

IMG_3339.jpg

4歳のスローンは、お楽しみの前に寝ちゃいました。。。
IMG_3340.jpg

スローンは、その後、クリントに連れられてすぐに戻り、そのままの格好で、玄関脇のソファにドン!と寝かされていました。。。

アンカレッジ市を見下ろす岡の上に大きなログキャビン風の家を建てたシェリーたち。
2匹の黒のレトリーバーの犬たちも一緒に、わいわいとにぎやかに暮らしています。

さて、その晩はクリスマスディナー。
クリントがハンティングしてきたというバイソン(大牛のこと)をクックしたとのこと。

あの大牛ですよ、巨大な牛。バイソン。
うわ〜。  さて、どんな味でしょう。
DSCF4809.jpg

彼がハンティングしたという大鹿も壁に飾られています。↓ これは、その剥製。
さすが、大男。。。すごい。
IMG_3310.jpg

そして、ご馳走になったバイソン肉の美味しいこと!
初めての味でした。
こうやって、ポットに入れてオーブンでしばらく焼くとすっごく柔らか。

「どんなビーフよりうまいんだ!」と、クリントの最高の自慢です。
赤ワインにとても合いました。↓ ↓

DSCF4810.jpg

クリントは、小型飛行機の免許も持っていて、自家用飛行機で夏はよく釣りに家族を連れ出します。
冷凍庫に入っている、アラスカサーモンの山!を見せられました。
(私はそれで、ニューイヤーにサーモン照り焼きを作ってあげました。)

そして、にぎやかに大人数での食事会が始まりました。
みんな、「遠いところ、よく来たねぇ」と大歓迎してくれました。
ちなみに、NYからだとシアトルで乗り継いで、11時間もかかりました。
日本に行くくらい。。。日本からだと、アラスカまでは約6時間です。

IMG_3350.jpg

もう一人の妹家族もその夫のご両親も一緒に、わいわいです。
みんなの顔が見れて、私、とっても幸せでした!

そして、英語がちっともしゃべれなかった私の面倒をよく見てくれた、アメリカの両親です。
一番下の孫娘と一緒にパチリ。
(ピントがずれていて、ごめんなさい。)
DSCF4799.jpg

今の私の土台を作った人たち?とも言えるかな?
私の価値観に大きな影響を与えた人達で、大変感謝しています。
お二人ともまだまだお元気そうで、何よりでした。

と、いうことで。。。
私からの新年のご挨拶は、ご報告がてら、みんなが多分知らないだろうアラスカのご紹介も兼ねました。

たーくさん、エネルギーもリフレッシュされてきましたから、ますます元気いっぱいのエリーです!手(チョキ)

今年もどうぞ、どうぞ、よろしくお願いします!わーい(嬉しい顔)


ラベル:アラスカ旅行
posted by エリー at 06:45| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれなるままに・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月24日

今年のクリスマス休暇に

2007christmas tree.jpg

24日から、家族でアラスカ州に出発します!

いえ、オーロラを見に行くのではありません。。。
私のアメリカの家族に会いにいくのです。

“How do you do?”(始めまして)の挨拶と名前くらいしかいえない娘をよく面倒みてくれました。

子供が3人いて、なんだかんだと話しかけ、私がうまくしゃべれないなど、お構いなし。

それがよかったのでしょうね。
1年が過ぎたころは、夢まで英語で見るようになりましたもの。。。

心からとっても繋がっている人っていると思います。
あまり会う機会がないのにもかかわらず、会うともうすぐに家族のようになり、今まで離れていた期間など忘れてしまう、という人が。

それが、私にとったら、アラスカの家族です。
とてもインパクトが強かったのでしょう。また情が深いというか。

24日に出発して、クリスマスとニューイヤーを過ごし、1月4日に戻ってきます。

その間は、PCは英語のみなので、このブログもお休みします。

だから、帰宅後の元気なアラスカ報告のブログまでお待ちくださいね。

今年もお世話になりました。
いつも応援ありがとうございます。

来年もよい年になることを、心より祈っています。
よいお年をお過ごしください。

Ellie
posted by エリー at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれなるままに・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月13日

ム、ム、ム・・・あくまでも

夕食時にTVジャパンをつけていました。
息子が、キッチンのテレビを私に付き合って、一緒にTVジャパンを見ていたときのことです。
TVジャパンとは、ほとんどNHKの番組で作られている海外日本語放送です。

「ねぇ、どうして、ここで、“あくまでも”って言うの?」

「えっ?今、言ったっけ?」

「うん、どうして“アクマデモ”なの?なんか、変な使い方じゃない?」

「ん??・・・」

なんか、ちょっとアクセントがおかしいぞ??
・ 


ふっと、気づくまで、その間3秒!

「あーー、もしかして、あの“悪魔”って思ったー?」

「うん、そう。だから、どうして、“悪魔”が出てくるの?ここで?」



プーーッ。かなりふきだしそうになるのを、私、必死でこらえてます。。。

ここで、笑っちゃいけない、いけない。

「それは、“飽く迄”ってことで、どこまでもの意味だよ・・・・・・・違う漢字。」


「そうか、ずーっと、悪魔って思っていた。おかしいな、とは思ったけど。。。」



そんな会話があった夕飯時。
それでも、思い切って質問してくれたからいいようなものの、これって、けっこう普通の日本人ならなんとも思わない言葉だけど、やはり知らないんだ・・・この子は。

本人が知らないことを笑ったりすると、日本語にますます自信がなくなり、話したり聞いたりするのがおっくうになると困ります。だから、いちいち会話もストップするのもためらわれます。

私はやはり子供たちとは、日本語で自由にしゃべりたいです!マジで。

「今、聞いてよかったね。また、わからないことがあったら、いつでも早めに!聞くんだよ!」
とは、言ったものの。。。

むずかしい・・・です。外国における日本語教育。

今二十歳の次男は、2歳からベルギー、そして、アメリカ。
日本語は、まさに家の中のみで覚えたようなもの。
子供のころ、あんぱんまんのビデオにどれだけお世話になったことか。

それでも、私には英語で話しかけてほしくないらしい。
自分でも日本人という自覚をもっているし、大学を卒業したら、日本で働いてみたいと言います。

この日本語で、まぁ、どうなることか。。。と親心で思います。
相当の苦労は、みえみえ。。。でも、しょうがないか、彼の人生だから。

私たちが当たり前のように使っている言葉も、さて、どれだけわかっているのやら、と思いますね。

ま、私も英語では同じようなもんですけど、ね。

その反対に、私が米語でジョークについていけなくて、「それ、どういう意味?」と聞くと、「えーっ?それ聞いたことないの?」なんて、説明してくれちゃったりする次男です。


「かわいい子には旅をさせろ!」でしょうか。

“あくまでも”そこにこだわって、いざとなったら喜んで出してやらねば。。。と自分に言い聞かせています。

IMG_3022.jpg
(父の実家の小田原の庭で。2007年11月末)




posted by エリー at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれなるままに・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月30日

2007年11月沖縄でのセミナー

沖縄でのセミナーを終えて、初めての更新です。
ご無沙汰しました。

10日間ほど、日本に帰国しました。
まず、なにより先に、沖縄に飛んでセミナーでした。

着いた時刻は、夕方5時過ぎ。
ちょっとだけ、海を見せましょうー、と連れて行ってくれた海岸は、遠浅でなだらかな海辺に見えましたが、もうそのころは午後6時で、写真に撮ったけど、とっても暗い。当たり前か。。。

まぁ、また海を見る機会があるでしょう。。と思ったけど、結局はセミナー三昧?で、海はあの暗ーい海岸の写真しか残りませんでした。

でも、そのセミナーの楽しかったこと。
皆さんとても熱心で、やるきに溢れています。

一つは、「ぷちくー」さんという喫茶店を借りてしました。
作品は、2作。

一つは、小さなポットにお遊びのアレンジ。
うそっこのぶどうをNYから持って行きました。
s1IMG_2897.jpg

それから、2作目は、いよいよアメリカチックなものをご披露。
s6IMG_2902.jpg
秋色のバスケットアレンジです。

そして、出来上がり!
みんなに仕上げの説明をしているところです。
s8IMG_2904.jpg

もっと近くでお見せしましょう。
s10img_2906 (2).jpg

生け花の池坊を教えている根間(ねま)先生もご参加くださいました。
アレンジも楽しいって言ってくださいました。
全く、池坊とは違いますよねーー。
s9IMG_2905.jpg

そして、その2日後、今度は別の会場を借りて行いました。
s17IMG_2976.jpg

とても上手にできた生徒さんの作品をご覧ください。
s18IMG_2981 (2).jpg

季節のものでは、赤色の実のもの、「山帰来(さんきらい)」を入れました。
この日は、頼んでいたオレンジ色のカーネーションが入荷していないので、かわりに黄色のスプレーローズを1本いれました。

スプレータイプのものは、1本の茎に何本か小花がついているのが特徴です。
それがあちこちちらばって、かわいいですよね。
ボリュームたっぷりに、私のイメージ通りに仕上げてくれて、嬉しかったです!

そのほかの日は、特急コース?を受けている生徒さんたちにつきっきりで教えましたので、だから、私にとっては教えセミナー三昧でした。
私の体力に自信がついちゃった。。。

この報告はまた後ほど。
Ellie
posted by エリー at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれなるままに・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。