★ エリー・グレースから学ぶ、フラワーアレンジメント通信講座!
NYスタイル「楽しいテーブルアレンジ」

手軽にできて、豪華でかわいいフラワーアレンジをレッスンします!

★★ このブログの「フラワーアレンジメント元気通信、NYより!」は、アメブロに引越しして名前が変わりました。「NYフラワー元気通信!」続きはこちらから。

2009年11月20日

青い薔薇

青い色の薔薇のこと、聞いたことありますか?

サントリーが開発したという、伝説の青い薔薇

11月3日発売とありますから、今出たばかりでしょうね。日本での反響はいかがなのでしょうか?

以前、どこかの記事でも見たことがありますが、その時は写真が本当に青い色でびっくりしました。

ところが、サントリーのそのサイトに行ってみると、その青色は、私の画面では薄紫に見えるのですが、どうでしょうか?以前お見かけしたような、ブルーブルーして見えなくて、そこは残念。

そこのPfofile(誕生ストーリー)がなかなかおもしろいですよ。不可能と思われていたことが、実はやってみたら出来ちゃった、ということです。あきらめないでやることが、成功に繋がったと。

こういうストーリーを聞いちゃうと、私はすぐに感情移入しちゃうから、簡単にファンになってしまいます。

私の画面上の薔薇の色、薄紫色の薔薇は、いつも問屋で見かけます。とても素敵な薄いパープルで、上品さがただよいます。

この前は、プロ科さんに薄いクリーム色の薔薇を活けてもらいましたが、あれも新色で素敵だった。

どんどん改良されて、素敵な色の薔薇が世に出てきます。これからももっともっと期待しちゃおうっと。

posted by エリー at 06:25| Comment(0) | NY・お花のこぼれ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月19日

秋色の豪華あじさい

2週間ほど前に、こういう色の豪華なあじさいをキタノホテルの活けこみに使いました。

この時は、神崎先生は日本に一時帰国中で、スヤマさんが活けられました。

DSCF9629.jpg

ここは、NYキタノホテルのロビーです。

きれいな赤紫色のあじさいがわかりますか?とてもこっくりとした、秋の芳醇な感じの色でした。

大変お高い花で、結局はこの花はそのままドライフラワーになり、今週もまた使うことができました。もちろんメインの場所ではありませんが、使いまわしOKのすばらしい花材です。

生の花がそのまま枯れる花もあります。すぐにクターッとなる花ももちろんたくさんあるけれど。

こういう花は、時々思いきって買って、何週間か楽しむといいですね。
でも、普通にお店で買うと、たぶん20ドル以上はすると思う。。。
日本円では2500円くらい??高いでしょうーー。

プロ科で使う「あじさいブーケ」のあじさいも、色は違いますが、また同じようにそのままの形で持ちます。しばらくアレンジに使いまわしができるから、つまりはとてもお得な感じ?がします。

今週のプロ科さんたちには、そのあじさいブーケを活けてもらうことになっています。


posted by エリー at 09:32| Comment(0) | NY・お花のこぼれ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月05日

あと5週

今、教室のノートをつけていたら気付いたこと。

あと5週間しかないんですよ、今年のレッスン週が!

もう11月でしょう?いつの間にと言う感じですが。。。
今週は、日系人会のバザーのためにお休み。

そして、来週からの第2週目と3週目。
その次の週はサンクスギビングホリデーだから、もちろん休み。

そして、12月は第1、2、3週目にあって、第4週目はクリスマスホリディ。

でしょー、だから、たったの5週。

5という数字を見たら、えーーーっと思ったけど、もうしっかり11月ですものねぇ。

最近とみに月日が経つのが早いんですけど。いや、早く感じるんですけど。。。

今、NYのだいたい気温が10~13度くらい。それほど寒くはないけれど、確実に冬に向かっています。

特に、この前の日曜から冬時間になったから、夕方の5時はもう真っ暗ですよ。寂しい〜〜。
今までは、これくらいの時間にWalkingに行っていたのに。

今度日系人会に行ったら、来年度のレッスン日の予約をしないとね。
来週金曜にはもうはっきりしますから。

あ、そうそう、来週土曜日のサンクスギビングの単発セミナー。まだ申し込みは間に合いますから、どうぞご検討くださいね。

それから、クリスマスセミナーも。HPに詳しく載っています!


posted by エリー at 11:31| Comment(0) | NY・お花のこぼれ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月27日

今年のパンプキンツリー

最近は、日本でも見られるようになったみたいですね、ずいぶんと。パンプキンツリーという、ちょっとかわった季節の枝です。

なす科の植物で、秋のこの時期にだけ市場に出回るものです。

すごく鋭いとげがあるので、うっかりするとぐさりときます。

先週のプロ科さんに活けてもらいました。

皆さん、これがそうなのねぇ、、、と。

活けた後は、花器がとても重そうでしたよ。

DSCF9225.jpg

まるでうそみたいな実でしょう?どうやったらこういう実になったのか、不思議ですよね。

鮮やかオレンジが、なんか元気が出そうな色ですね。

皆さん、元気いっぱいのアレンジに活けてくれました。


posted by エリー at 12:31| Comment(0) | NY・お花のこぼれ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月21日

サンクスギビングとクリスマスセミナーのご案内が出来ました。

今、NY時間の朝方4時半です。ここ何日かは、夜なべが続いています。まるで時差ぼけ状態です。ふらふら

たったいま、HPにサンクスギビングとクリスマスセミナーの案内を載せたところ。

そのページは、今晩作りました。シンプルなページなのに、これだけ作るのに約5時間がかかりました。

すごい集中力です。普通の私ならまず無理なのに、一度、HPのことを手がけると、キリのいいところまで、という根性がとてもよく働いて、眠けがふっとんでしまいます。

受験勉強しているときには、まず考えられなかったこと!自分でもよくやるなぁ、と不思議がっています。

HPのことをやると、必ずこうなります。肩はバンバンだし。眠れないし。あのタグを入れて、この写真をもう少し左に寄せて、ここにあのボタンを入れようか、、、などと考えると、興奮して頭がフル回転するみたいです。


でも、一昨日は朝6時まで。ニュースレターを発行したり、写真データを加工したり、HPのアップデートしたりしたら、朝になりました。。。

まぁ、その日は日曜だったので、朝遅く始まりましたが、それにしても徹夜したのは、ここ何年ぶりでしょうか。

まさかまたやるなんて、しかも2日後に。。。
今朝はちゃんと7時半に起きたのですが、どうも頭のスイッチがおかしくなっているようです。。。

明日は、今週の花のレッスンの仕入れの日なので、ふらふらせずに仕入れしないと。

まぁ、前置きはそのくらいにして。。。

本命のサンクスギビングについて。

ご案内のページを見てください。アメリカならではの、すてきなアレンジですよ。
コーニュコピアという特別のバスケットに活けます。 
今年を逃すと、来年はやれるかどうかわからないなぞのセミナー。。。(詳しくはHPに)

それに、今年は、とても素敵なシルクフラワーのもみじを入れます。
こんな感じ。これは来年も再来年も使いまわしできるから、便利ですよー。るんるん

DSCF9156leaf.jpg

今年は、4年ぶりにサンクスギビングのアレンジをします。コーニュコピアという鹿の角をイメージしたバスケットにアレンジするものですが、毎年手に入るというわけではなく、今年は運良く手に入ったので特別アレンジの運びとなりました。・・・・・続きはこちらから。
 
 
そして、毎年大人気のクリスマステーブルリース。
 

12月最初の土曜日にアレンジするのも定番で、12月にはいって早々とクリスマスの雰囲気がいっきに部屋中にただよい始めます。・・・・・続きはこちらから。
 
 
ということで、本当は寝たほうがいいのに、ワイン片手にタイプしているのに、まだ頭が冴えている。さて、どうしよう。。。
 
ま、明日明後日に調整しましょうか。
 
そういうことで、楽しい季節のアレンジセミナーをしますので、皆さんのお申し込みをお待ちしていますねー。
 
がんばってページを作ったから、せめてのぞいてみてくださーい。ぴかぴか(新しい)
 


 


posted by エリー at 04:30| Comment(0) | NY・お花のこぼれ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月20日

プロフィール画像のアップデート

プロフィール画像を替えました。

この前、10月10日が目標日、なって意味深なことを言っていたのは、このポートレート写真を撮ることになっていたのでした。

しかし、このブログのプロフィール用のはおまけの写真。本当はビジネス用にきちんとしたものを、と思って撮ってもらったのがホンネです。特別に3パターン撮ってくれたんですよ、カメラマンのヨシさんのおまけで。

そして、その本命の??写真は、もう私のHPにアップロードしました。オレンジのものと白のバージョンと。

今まで、3年も4年も前の写真を使っていたから、もうそろそろ替えないと、、、と思っていたから、えい、やーっという感じで予約を入れての撮影。

その詳しくは、こちらのエリーの裏ブログに載せました。

しかし、目標を友人たち3名とたてて、それぞれに切磋琢磨して??美容と健康に励んだのはとてもよいことでした。

甘いものを控えて、もちろんお酒も、そして一生懸命歩いて、、、まぁ、いつもこうならいいのにね。もちろん顔パックもいっぱいして、みたいな。。。


後日談があります。

友人二人はもともと美人なのに、メークでまたガラっと変わっちゃって、Mなんて自分の撮影の合間にちょっと外にコーヒーを買いに出たときに、もう若い男の子に声をかけられたんだってーー。

えーー、私には何も起こらなかったよ。。。


しかし、どうしてこういう写真を撮ることになったかというと、その友人たちがのりのりだったのが大きいけど、ちょうど、私のフラワーアレンジメントの教材、「NYスタイル・フラワーアレンジメント、楽しいテーブルアレンジ」のリリースに向けて、ちゃんとした写真がいるなー、ということで。

オンラインで学ぶ、初歩のフラワーアレンジメントのレッスンです。

詳細は、こちらからどうぞ。

全く始めての方を対象として、とても丁寧に解説しています。

また、昨日、私のメルマガを発行しました。
まぐまぐのHP(このブログのトップの左側)から入ってみていただけます。

ハローウィーンの特集にしました。
楽しい写真を載せましたよ。

そして、今日は今月号のニュースレター用の活けこみをしました。

使った花材の中に、今度のサンクスギビングのセミナーに使おうと思っている、シルクフラワーの葉があります。

この黄色とかエンジ色の葉です。今日活けた、アレンジの一部から。↓

DSCF9156leaf.jpg

本当のもみじみたいに見えるでしょ?

これは、枯れないからずっと使えるからいいですよ。

さて、そろそろそのセミナー情報をアップしないと。

なんか、このポートレート写真を撮って、私の教材をナレッジサーブの会社にアップロードしたら、ちょっとほっとしたところがあって、他の事が遅れています。。。


この上の写真の全容は、今月末のニュースレターでお見せします。
ゴージャスなハローウィーンパーティにとてもいい感じですよ。

どうぞお楽しみに。
posted by エリー at 06:12| Comment(0) | NY・お花のこぼれ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月13日

コーニュコピアのかごゲット

コーニュコピアというのは、アメリカの感謝祭のときに使われる鹿の角の形をしたバスケットのこと。

この季節のものです。

今日は、問屋さんに行ってしっかりと仕入れてきました。

今日はなぜか問屋がとても混んでいました。もうホリデイシーズンの準備が始まったのでしょう。

ターキー(七面鳥)の形をしたバスケットや、陶器の花器など、なかなか季節のものにあふれていて目移りします。

去年と一昨年には、コーニュコピアはいいのが入荷していなかったので、それを使ってのアレンジセミナーが出来ずじまい。

でも、今年はいろいろと種類が出ていて、いいのがありました。前のものとは違うけど、ゴージャスになることは間違いなしです。

もうすぐ、そのイメージ写真とともに詳細をアップしますので、どうぞお楽しみに。

11月14日土曜日に、そのセミナーをします。ぴかぴか(新しい)


posted by エリー at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | NY・お花のこぼれ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月03日

気になる記事タイトル

記事タイトルをつけるのって、けっこう考えているつもりですが、どうも最近私のブログは、変な関係のトラックバックに繋がったのかな??

わからないけど、時々、どーーーしたの、これーーー!という内容のコメントが入ります。
もちろん、見つけたら即行削除しますが、その間に見た人は、いやーーな気分になるだろうな、と思って迷惑しています。ちっ(怒った顔)

どうも解析するに、、、反応する言葉があるようですね。

例えば、「美味しいもの」とか「ウェディングドレス」とか、、、そのタイトルの時にめっちゃ迷惑しました。

それで、せっかく考えて??つけたのに、タイトルを代えました。
困ったものです。

言っておきますけど、内容も見ずに自動でコメント送るのはルール違反です。雷

と、ここで言ったところで、わからない人もいるでしょうね。
ある言葉に反応して、自動的にスパムコメント送っているのだから。

もし、そんな変なコメント見つけたら、私と一緒に怒ってくださいね。
そして、無視してください。
いずれ消しますけど。

でも、内容に関するコメントはもちろん大歓迎ですから、よろしくお願いしますね。
励みになるから、いいものですよ。るんるん

今日のレッスンも大賑わいでした。
皆さん、とても上手にアレンジできました。
秋色満載のアレンジでしたよ。
その様子はもうすぐ教室ブログにアップしましょう。



posted by エリー at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | NY・お花のこぼれ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月27日

応用作品を添削しますよ!

プロ・デザイナー科(上級)にあがって、ますます熱心なMさんから、ご自宅で活けなおした作品の写真が届きました。

私は、写真での添削もしますから、どうぞみなさんもふるって送信してくださいね。ご自分では気がつかないところが、けっこうわかったりしますから。
また勉強になるでしょう。

masumoto.JPG

Mさんのメールから、

ブーケは翌日に、前回使ってまだまだ元気だったあじさいと共にセンターピースにしてみました。


どうでしょうか?  
上の写真、とてもきれいにリメイクされましたね。

手にした花材をうまく使った、とてもよい例です。それでご紹介したいと思いました。

あれがないと出来ない、、、とか言っていないで、どんどんできる範囲で応用してみることも大事かと思います。

足りない花だけを、近くの花屋で買ってみるとかもいいですね。自分で選んだ花を足すというのも、勉強になります。

というのは、さて、これをどう活けるかな?こうした方がいいかな?と思案する!というのが、上達への道なのです。ただ、与えられた花材をこなすだけではなく、自分で考えて応用してみるということが、とっても重要です。

以前ENYFDをご卒業されたMさんは(こちらもMさんですね)、いつもレッスンの次の日にはいくつもの応用作品のパターンを見せてくれました。

今日はこういうふうに、昨日はこんなふうに、、、と9作品も代えていろいろと試したときもありましたよ!

それで、もちろん、彼女がとーっても上達されたのは言うまでもありません。毎日アイデアを考えているのですからね。

そのMさんは、私の影響から草月の神埼先生につながり、今は一生懸命草月流を研鑽しているところです。

とても楽しいと言っていました。
やはり、研究熱心だから、上達も早いですね。

生け花も同じアレンジするということですが、フラワーアレンジメントとは全く違う角度から花を捕らえるといいましょうか、それがまたおもしろいものなのです。

手法は全く違いますから。とにかく、枝ものを使って、少ない花材ですっきりと活けるところなどは、目からウロコですねぇ。

近い将来に、私も草月流を教え始めようか、とも思っていますが、こちらは花器とか剣山とかけっこう先生が用意するものがたくさんあって、、、もちろん場所もいるし。

そのような想いが実現するかしら、と最近は思案するところです。

花をいろんな角度から捕らえてみる。
どうぞみなさんもお試しくださいね。

もし機会があれば、他のセミナーや勉強会などにも参加されるといいですよ。
また視点が増えて、見る目が養えますから。
私もいいものがあったら、ご紹介しましょうね。

とりあえずは、今、出来ること!
レッスンでアレンジした花をまた活けなおしてみるのは、どうでしょう?
そして、写真を送ってね。

あ、これはたぶんアドバンス科(中級)以上の方ですね。ベーシック科(初級)の人にはまだむずかしいからあせらなくていいですよ。今にどんどん試したみたいときが来たら、の話です。ベーシック科の人には、きちんと基本を学んでもらわないといけませんので。

この基礎が出来ないと、後で応用ができなくなりますからね。ここは、しっかりと!

あ、そうそう、それから、秋のアレンジの企画が出来上がりつつあります。コーニュコピアという、感謝祭ならではのバスケットアレンジにしたいと考えています。

今にアップデートしますから、どうぞお楽しみに!



posted by エリー at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | NY・お花のこぼれ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月25日

秋のフラワーショー

今度はフラワーアレンジメントの話です。

先週9/15(火)に、いつも私が花を仕入れる花問屋で、秋とクリスマスのフラワーショーがありました。

とーっても期待していったのですが、内容はAIFDというアメリカのフラワーデザイナーの最高資格の学びのセミナーになっていました。

最初は、何よー、なんてがっかりしたのですが、内容はとても濃くて、後ほどじわりじわりとその効果が現れて、かなりの勉強になったと、一緒に連れて行った生徒たちからコメントをもらいました。

私もそう思います。

私のスクールからは、総勢6名の参加です。

さて、その内容ですが、つい先日に出したフラワーニュースレターに載せています。
エリー・グレースのNYフラワー通信。

この内容は、今月末までのアップです。
その後は見られませんから、ご容赦ください。
今だけなら、こちらから。


メルマガのご登録をされている方のみに、配信させていただいています。
ご興味の方は、このページの左上にある「メルマガ登録」のところからお手続き願います。

posted by エリー at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | NY・お花のこぼれ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NYチャプター、草月ワークショップ

もうかなり前から、たぶん半年以上前から、9/21(月)は、川名先生のワークショップがあるから、と草月流の神埼先生から聞かされていました。

それで、ちゃんとカレンダーにマークしていたその日。
私もとても楽しみでした。

川名先生は、草月本部(東京青山)の先生で、去年と一昨年のNYボタニカルガーデンでの菊展のときに、竹のインストレーションをされた方です。

去年の菊展でたまたまその芸術!を見て、「これはきっと草月流だろう。それも男性かな?この力強さはただものではない、、、」などと思っておりましたら、その先生にお目にかかれるとは。

いや、レッスンの手ほどきを受けることができるとは!!
すごいです。

その菊展のときの竹の活けこみは、外にあり、それは大きなものでした。

とても写真1枚には入りきれません。
それは、こちら ↓
DSCF5739.jpg

近くで見ると、こんな感じです。 ↓
DSCF5791.jpg

どうでしょう?すごい技ですよね。
とても真似できません。いや、真似したいとも思いませんが、、、きっと頭が働きませんね。

これは、かなりのおおがかりな空間クリエーションですね。

川名先生は、前家元の勅使河原宏先生と一緒に、有名なところをあちこち活けられていました。

1994年の長野冬季オリンピックの閉会式のアートディレクターもされた、輝かしい功績をお持ちです。


さて、川名先生のレッスン。テーマは、「カラー」=色です。

色の扱いについての講義があり、奥行きを出すための工夫とか、先生独特の表現で説明されました。
色の3原則だけの話ではありませんよ。

効果的な色の使い方など、とても1,2,3で覚えられるものではなく、感覚として養っていくものだ、と学びました。

私も納得です。


セミナーは大盛況で、4−50名はいたかな?
その生徒の一人一人の作品をちゃんと批評してくれます。

神崎先生のグループは、右側の列に。
後ろにいろんな花がありますから、そこから、3種類の花を選びます。
葉は2種類。

私たちのグループのが出来たところです。

DSCF8922.jpg

私の作品は、一番右奥にあります。
無難な色の茶色の花器にしました。

ブラジル人のレネーは、ずいぶん前から緊張していて、特別準備レッスンなどを受けていました。
そして、自分の生徒だったモニカが、メキシコからわざわざ飛んできて、一緒に受けましたよ。
大変熱心です。
モニカは、今は、メキシコの日本大使館の活けこみをするほどです。

いやー、やはりレベルの高い人と一緒にレッスンすると、勉強になりますねー。
触発されるというか、もっと創作意欲がわいてくるというか。

今度は、日本の本部に行ってレッスンを受けてこようと思っています。







posted by エリー at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | NY・お花のこぼれ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月15日

腱鞘炎になりそう。。。

もうちょっとで出来上がりそう!!

と言いつつも、、、土日月と3日間も過ぎちゃいました。
やってもやっても終わらない、、、というのが、まさに今の感想。

もう少しで、オンラインでのネット通信講座が完成しそうなんです!
「NYスタイル・楽しいテーブルアレンジ」
2001-2 (2)frame.jpg

最後にイーラーニングのナレッジサーブという会社のサーバーにアップロードするわけですが、それに手間取っています。

しかし、お花とインターネット。

以前は、考えても見ませんでした、この組み合わせ。

まさに今、私はお花を教えながらインターネットと格闘しております!ご案内のページを作ったり、、、ずーっとPCに張り付きっぱなしで。

20041-1DSCF7574-1.jpg

ですから、その合間を縫っては、せっせと公園を歩きに行っています。ちょうど、最高の秋日和が続いているのが天の助け!とっても嬉しいです。

じゃないとーー、腱鞘炎とか腰痛とか胃炎とかーーそんなものをひろってしまいそうです。

でも、笑えるけど、必死に考え事をしながら歩いていると、あっという間に1時間も歩いてしまっていて、ちょっとした筋肉痛っぽい?
ガシガシ歩いています。。。(笑)

FRW0029.jpg

そうそう、もうそろそろ私のメルマガ「エリー・グレースのNYフラワー通信」の中間号を発行するころなのに、ちっともそちらは進みません。

でもーー。

明日は、お花の問屋さんでのAIFDのフラワーショーがあるから、それの報告といたしましょう。すっごくおもしろいアレンジをご紹介できそうな期待感がありますから、お楽しみに!

この上の写真のようなアレンジを!

そして、無事にネット講座の方がオープンしたら、その告知も兼ねてということで!

あぁ、どうぞ早くそうなりますように!


posted by エリー at 12:48| Comment(0) | TrackBack(0) | NY・お花のこぼれ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月13日

白梅とダリア先生

先週の火曜日、キタノホテルでの活けこみの後、池坊の教授でまたフラワーアレンジメントの大家でもある、野田典孝さんとランチしました。

野田さんは、日本クラブで池坊とフラワーアレンジメントと両方教えていらっしゃいます。私も、夏の初めにアレンジのクラスをとり、お世話になりました。(以前のブログにアップしています。)

野田さんがキタノホテルに、、、となると、草月流をチェックしにいらしたか、、、と思いきや。

キタノホテルの地下にある「白梅」レストランは、初めてだそうで、お弟子さんがまた板前さんらしく、美味しいランチがあるということで、「白梅」でランチとなりました。

「白梅」のお座敷(2部屋)には、大きな床の間がありますから、感心されたご様子です。
その一つを私が活けまして、、、つたない作品を見ていただきました。
もう、お座敷はすっかり秋の風情です。

DSCF8746.jpg

その後、白梅お勧めの「健美ランチ」と称するこだわりの自然食ランチとも言えるでしょうか、それをいただきました。

さすがにお勧めだけあって、どれもすばらしく美味しかった。
hakubai1.jpg

特に、にこごり(右上の方)が私にとったら絶品でした。どれもこれも、オーガニックの食材にこだわり、しかも優しいながらもしっかりとした料亭の味になっています。つまり、ママの作る自然食ではない、手の込んだ奥深い味だったのです。

hakubai2.jpg

そして、上記の器のすばらしいこと。ちょうどそのお料理がきたときに、マネージャーさんがテーブルに挨拶に来られ、器に対するこだわりをたっぷりと聞かされることに。。。

野田さんは、器にも詳しい様子で、この塗りのおわんは、きっと4−5万円はするんじゃないかって。まさに見事な器でした。めったに日本でもお目にかかれないと思うほど。

なんかそれを聞いたら、ますます美味しく感じられ。。。(笑)
中味はオーガニック野菜のスープ仕立ての汁物でした。実際に、すっごく美味しかったですよ、これは。

ごめんなさい、、、すっかり食べ物の話になってしまって。。。(いつものことだって??)だからってわけではないですが、写真は小さくしました。でも、クリックすると大きくなりますから。。。



野田さんとは、お花の話しで大変盛り上がります。お互いに生け花のバックグランドがあるし、それぞれ違う流派なので、なるほどと思うことばかりです。

お花の話だけで、なんと2−3時間も盛り上がるんですよ。笑っちゃうけど、本当の話。

そのうちにダリア先生(ようやく本題の話に入る、、、)のレッスンをコラボしましょうか!ということになり。

どういうことかと言うと、野田さんがすばらしいと想いを寄せるダリア先生の話を聞いたら、私はどうしてもお会いしたくなったのです。

NYのパーソンズデザインスクールで以前教えていらして、それはすばらしい感性の持ち主だということ。
まさに、NYのフラワーデザイナーの第1人者であるということ。
もう、野田さんがそれだけ褒める方とは、、、いったい??


もし、ダリア先生のご都合がつけば、私だけじゃなく、皆さんにもレッスンをしてくれるかも!!

うまく、そうなればいいなぁーーって思います。この件は、またアップデートしましょうね。どうぞお楽しみに。

また、来週の火曜日には、NJの花問屋さんの会場で、大きなデザインショーがあります。そちらの情報も後ほどお教えしますからね!ウチのスクールのプロ科以上の方たち数名も、一緒に行きますよ。





posted by エリー at 04:44| Comment(1) | TrackBack(0) | NY・お花のこぼれ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月02日

秋になりました

いきなり秋でした。今日は。

今朝、キタノホテルの活けこみに行くときに、涼しいのなんのって。
夏の冷房対策でいつも持ち歩くスカーフ2枚が大活躍。

薄いスカーフは首周り用。そして、少し厚めのスカーフは肩掛けとかひざ掛けとか、その時によって。

アメリカの公共機関は、夏の冷房が効き過ぎています。特にバスや電車は寒いくらい。

夕方に公園を歩きに行ったらとんぼが飛んでいたし、すすきは大きくそびえているし(笑)、初秋のNYもとてもいい感じですよ。

DSC_8345.jpg

夏休みも終わり、またフラワースクールも始まりました。
9月になると、もう感謝祭やクリスマスのことも頭においておかないと、あっという間に暮れになってしまいます。

11月の第2週目(土)は、秋いっぱいのアレンジメント。そして、12月の第1週目(土)は、例年に大人気のキャンドルクリスマスアレンジを予定しました。

早くに日系人会の会場をおさえないと、とれなくなりますから。

新しいクラスのスケジュールとセミナー日程を、グーグルカレンダーで作り、HPにアップしています。
もうそろそろご興味ある方を受け付け始めますから、どうぞメールくださいね。

秋のアレンジは、どういうものにしようか、今思案中です。
9月15日に、またアメリカのフラワーデザインショーがあるから、それに行くときっとすごくいいアイデアが浮かびそうな気がしています。
ですから、内容の発表はその後ということで、どうぞお楽しみに。

私のブログもすっかり夏休みをとってしまったので(笑)、また秋からの復活をガンバリマス。


posted by エリー at 08:43| Comment(0) | TrackBack(0) | NY・お花のこぼれ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月20日

プリザーブドの花をメルマガに載せました。

たったいま、今月号の第1号のメルマガを発行いたしました。

月半ばに送るメルマガは、ご登録いただいている方たちへの特別配信号となっています。

ご興味のある方は、このブログのトップからご登録いただけますので、どうぞよろしくお願いします。

今月号は、プリザーブドのフラワーアレンジメントです。
nn-preserved07095.jpg

この写真は、そのアレンジの一部。サマータイムの特別アレンジです。

アメリカでは、日本ほどプリザーブドフラワーが盛んではありません。
その理由は。。。
続きは、メルマガを読んでくださいね。

サンプルは、ご登録のページから行って、メルマガのまぐまぐのページに今月末まで掲載されています。

また、今月末のメルマガは、「夏の投げ入れ」をご紹介予定です。前回は、送信をしくじったので、、、(汗)今度は気をつけます。。。


エリーズ・ニューヨーク・フローラル・デザインのフラワースクールは、4週間の夏休みに入りました。

お花のレッスンがなくて寂しいよ。。。との声も聞こえますが、近くでお花を買って、自分で実際に活けてみてくださいね。

とにかく、ベーシックのラウンドは、レッスンをとっていらっしゃる方はできるはずですから!!ガンバッテやってみてください。

いつでも写真を送ってくださいね。コメントつけてお返事しますから。

待っていまーす。


posted by エリー at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | NY・お花のこぼれ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

友人の誕生日に

日頃とても仲良くしている友人たち2人が、7月生まれ。それも17日と20日と近いので、一緒にお呼びしました。

キャンドルがとても好きな人なので、キャンドルアレンジを作りました。テーブルにキャンドルがあると、不思議なほどに雰囲気が和むものです。

DSCF8302-2-1.jpg

草月のレッスンで使った花材や、金曜にクラスで残った花も入っていますが、なんとかできるものです。左の方のは、シンビジウム。これは、この前の野田先生のトロピカルで使った花。もちろんまだ持っています。

そして、背景に見える花軍団は、これ。
プレゼント用に作ったブーケ。楽しい色合いのブーケになりました。

女性ですもの、華やかな色合いはもちろんぴったりです。
DSCF8307-4.jpg

「いつもらっても、嬉しいわ」と、花束を喜んでくれました。

さて、キャンドルをともしたテーブルで、話が盛り上がる、盛り上がる。。。
一緒に夜10時から、TVジャパンの「サラリーマン金太郎」を見て、笑い。。。その日からの連続ドラマのスタートのものです。

「何か食べたいものを作ってあげる」と言ったら、私のコロッケだって。では、それをメインにして、他は野菜いっぱいのヘルシー料理を張り切りましたよ。二人とも、お持ち帰りようのタッパー持参ですから、用意がいいものです。(笑)

あまり長く話していたので、キャンドルは余裕で2本使いましたよ。短くしちゃうと、お花が焼けちゃうから、注意しないとね。

さて次回の集まりは、8月の誕生会。他の仲良し友人たちと私も含めて3名も。いつも何かというと集まる仲間が7名いるものですから。不思議と、夏生まれの仲間が多いものです。



posted by エリー at 06:39| Comment(0) | TrackBack(0) | NY・お花のこぼれ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月13日

ハワイアン・トロピカルアレンジメント

先週お伝えした野田先生の第2弾。トロピカルアレンジメントのレッスンの報告です。

今回は、NYスタイルではなく??すっかりハワイアン〜!

どうです?このハワイアンぶり〜〜。
DSCF8245.jpg

NYでもこんなにトロピカルの花が手に入る証明です。バリバリのトロピカル。

なんと、このアレンジは、野田先生がハワイに住んでいらしたとき、花屋で働いていてホテルに活けこんだアレンジだそうです。

毎週、こういう感じばっかりだったとか。

ハワイのホテルは、そういえばこんな感じですよねぇ。私もかつて行ったことがあるから、思い出しました。

ハワイでは普通の活けこみのようですが、こちらNYでは値段が高い花ばかりなので(空輸代)、これほどのばりばりトロピカルはお目にかかることはめったにありません。

近くからお見せしましょう。
DSCF8248.jpg

ジンジャーやヘリコニア、プロテアなど。。。(皆さん、知らない花の名前ばっかりかな?)
シンビジウム(手前の黄色の大きな蘭)は、チューブに茎を挿して、それからオアシスに差し込んでいます。

1本1本がとてもユニークな顔を持つ花なので、ちょっとした角度がアレンジの決め手になります。

これはとてもむずかしくて、やり直しがきかないアレンジというか、、、大きな下の葉=モンステラがびっちりとオアシスの表面を覆っていますので、活けなおしは大きな穴があくのでご法度!まず、初心者には無理のアレンジでしょうね。まぁ、野田先生、難易度が高い。。。

ホネホネの葉は、アレカやしと言って、大きな葉っぱなんです。それをはさみで骨のようにカットして形を作ります。いったい何だと思いますよね?おもしろいアクセントになりました。

このアレンジの最中は、ずーっとハワイアン音楽が流れていましたよ〜。気分もすっかりハワイアンということで、楽しいアレンジでした!

それにかなりチャレンジング。これも魅力の一つです。だって、花材が12種類も入ったんですから!





posted by エリー at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | NY・お花のこぼれ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月09日

NYスタイルフラワーアレンジメントでトロピカルアレンジ

NYスタイルのフラワーアレンジメントとして、日本クラブ(57St.)で教えている野田先生のアレンジメントのレッスンをとってきました。

夏の間は、トロピカルフラワーを使ってという、単発のセミナーです。

野田典孝先生は、池坊の教授でもあり、両方とも日本クラブで教えていらっしゃいます。池坊のすばらしさを、この前の日本クラブの展覧会では存分に見せていただきました。

フラワーアレンジメントは、もりもりっと。そして、池坊はラインがスッと。その対照的な活け方が印象的でした。

野田先生は、以前ハワイに2年間ほど住んでいらしたことがあるそうで、その時に習ったトロピカルアレンジをご披露くださいました。

今回の作品は、名づけて「ちまき活け」です。(笑)
DSCF8174.jpg

グロリオサリリーとを使いました。これは日本製で、つまり日本からの輸入花でとても高価なものです。小さなつぼみから、どんどん色がついてきて、最後は真っ赤にそまったような感じに開きながら咲きます。

このグロリオサは、マンハッタンの花屋でもほとんど手に入りません。この前の沖縄のセミナーでは使いましたが、つまり、本当にトロピカルフラワーなので、NYではむずかしいのです。

ふろしきのようにまいてあるのは、ハランです。英語ではタイリーブス。こんなに大きくて長いのは、フラワーアレンジメントではほとんど使いません。生け花では使いそうですが。

その長いものを4枚重ねてまとめて、ラフィア(わらのようなもの)で結び、中にはオアシスをしのばせてあります。

まるでふろしきみたいですし、ちまきのようでもありますね。

これは、バックを白にして撮ったものです。↓
DSCF8172.jpg

同じ写真でも、バックが違うと印象も違いますね。全く同じようにセッティングして撮ったものですが。

来週もまたレッスンをとります。

バックグランドが池坊の先生のフラワーアレンジメントは、またとてもおもしろいですね。新しい刺激があって楽しいですよ。




posted by エリー at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | NY・お花のこぼれ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月01日

めるまが、フラワーニュースレターの遅れについて

ついさっき、全て送信の準備が整ったから、めるまがの管理画面に行こうとするとーーー。

ガーーン!がく〜(落胆した顔)
かなりのショック!!

な、なんと、7月1日0時より、7月3日中までメンテナンスだってー。
早くても送信は、7月4日になるとのこと。。。ふらふら


そうだった、日本はもう7月1日になったのだった。。。
まだNY時間は、13時間遅れですから、今は6月30日のお昼前。

後、10分早ければ。。。という後悔先たたず。
今度から、気をつけます。

ですから、めるまがに登録してくださっている読者さーん、すみません!

いつもぎりぎりで、お尻に真っ赤かの火がつかないと始めない性格がたたっています。情けないです。もうやだ〜(悲しい顔)

でも、今回のメルマガは、私のHPのニュースレターに掲載している号です。そちらはもち、アップしてあります。るんるん

そちらを見ていただけると、今回、皆さんのメールアドレスのもとに届くはずのレターが載っています。

すみませんが、4日に皆さんのメールボックスに届くまで、そちらを見てください。

どうぞよろしくお願いします。

その代わり。。。お詫びに、今度7月半ばに発行するめるまがは、2つのアレンジを載せることにします。

とても素敵なアレンジを用意しますので、お楽しみにしてくださいね。きっと、日本の方は好きなはずです。

posted by エリー at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | NY・お花のこぼれ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月29日

沖縄のウェディング

今週末に、沖縄のホテルで結婚式をあげたカップルの写真が、沖縄の福地さんから届きました。

とても素敵なキャスケードブーケですよ。
DSCF5650.jpg

横からは、こう見えます。↓
DSCF5649.jpg

キレイなラインですよねぇ。うっとりします〜。色もいいですね。はっきりしたピンクは沖縄らしい!

驚くなかれ、このブーケはこのかわいい花嫁さんが作ったそうですよー。それも2回練習レッスンして、3回目が本番レッスン!というすごわざ。


花嫁さんは、沖縄の福地さんのお洋服を作るデザイナーさんです。福地さんのとても素敵なスカートが、彼女の作と聞いて、私もほしくなったくらいです。

ですから、結婚式にはぜひ福地さんにブーケをお願いしたところ。。。

「手が器用なんだから、自分で作ってみたら?」と提案したそう。

それで自分でアレンジに挑戦したという、すごーい裏話のあるブーケ!


彼女は、まだベーシックコースも取っていません。これからだそうです?!
福地さんもよく指導したねぇ。とても上手にできていました。

でも、手先の器用な方は、ブーケは得意かもしれませんね。
きっちりと正確に作るブーケは、初挑戦で大変だったかもしれませんが、さぞ思い出に残るブーケとなったことでしょう。


あ、そうですね、ウチのフラワースクールのベーシックコースのラウンドブーケを習った後に、お友達のブーケを頼まれてアレンジした方は、かなりいらっしゃいますよ。


沖縄の結婚式は、たぶん日本のどこの結婚式もそうなんでしょうが、式場の飾り用の花はお任せになっています。ですから、当日まで、どんな花がテーブルに乗るのかわからないという不安が。


アメリカでは、同じ花屋さんに頼むので、それも自分の好みにあったフラワーデザイナーを選ぶから、会場の花もブーケも全て統一して活けることができます。でも、日本のやり方は、残念ですねぇ。。。

この笑顔をご覧ください!とても幸せそうですね。
DSCF5660-1.jpg

花嫁さんのイメージにぴったりの、かわいい&ゴージャス系のブーケでしたね。
ヘアー飾りもすてきにマッチング!とてもきれいですね。

おめでとうございました!
お幸せに!

posted by エリー at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | NY・お花のこぼれ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。