★ エリー・グレースから学ぶ、フラワーアレンジメント通信講座!
NYスタイル「楽しいテーブルアレンジ」

手軽にできて、豪華でかわいいフラワーアレンジをレッスンします!

★★ このブログの「フラワーアレンジメント元気通信、NYより!」は、アメブロに引越しして名前が変わりました。「NYフラワー元気通信!」続きはこちらから。

2007年06月14日

花やへの上手な注文の仕方ー その2

きのうの続きです。

ga0401779.jpg

★ 配達日時指定は早めに手配


誕生日の花贈りや結婚記念日など、その日にどうしても届けてもらいたい場合は、きちんと事前に手配しましょう。今日の明日の、ということでは、間に合わなくなります。

特に、母の日は、全国的、全世界的にも花が一番売れるときなので、注文が込み合います。ですから、この日だけは、もっと注意が必要です。国内で最低3日前、そして海外へは最低1週間前までにお願いするようにしてください。

今は、遠くへも海外へも、花や同士のネットワークで加盟店を通じて、きちんとアレンジを届けてもらえます。遠くから送るよりも、近くの加盟店の花やから送られた花の方が、ずっと鮮度がいいはずです。場合によっては、賢くこういうものを利用した方がよいでしょう。


★ アレンジの仕上げに

花と一緒にプレゼントも贈りたい場合は、花やに相談してみてください。例えば、バレンタインのチョコレートとか、父の日のネクタイとか、赤ちゃんのぬいぐるみとか。そういった贈り物と一緒に、包装も一体化して、花とプレゼントと同時に喜んでもらうことができます。


★ 贈るチャンスを広げましょう

母の日には、花を贈ることは定着しつつありますが、例えば、年間通しての行事にも贈っても喜ばれます。たまには、お中元やお歳暮なども、いつもは物を贈っていたところ、花を贈ったらことの他喜ばれる、ということもあります。

また、謝罪やお断りといった言葉で気持ちが伝わりにくい場合も、花贈りが適する場合もあります。相手の心を和ます役目を花はしてくれますので。これも、覚えておいてくださいね。


さぁ、これであなたも花贈りの名人になれます!あなたの気持ちを花に託して、上手にお花を贈ってみてください。あなたの想いが伝わって、その方がとても喜ぶ顔が浮かんでくるでしょう。花は、心も場所も和ませますから!


∞〜〜∞〜〜∞〜〜∞〜〜∞〜〜∞〜〜∞〜〜∞〜〜∞〜〜∞〜〜∞∞〜〜∞〜〜∞
 

★〜★ 人気Blogランキング「花のカテゴリー」に参加しています! ★〜★
                       ↑
           応援クリック投票、こちらをポチッとお願いします!

                ありがとう! 感謝です!

posted by エリー at 12:53| Comment(3) | TrackBack(0) | お花を贈るときに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月13日

花やへの上手な注文の仕方ー その1.

この前、思い出とともに花を贈る、というテーマのときに、上手な注文の仕方を教えましょう、と言いました。

2回に分けてお伝えします。

pr04141020000[1].jpg

いざ、花を贈るとなって花やへ行ってから、さてどのように注文したらよいでしょうか?

★ 注文の内容


最低限、伝えることは、
目的
予算


プラスして、相手の方のこんなところがわかれば、オーダーは完璧です。
相手の年齢
性格
社会的地位
花の好み
パーティ用ならば、相手の洋服の色やスタイルなど。


このような情報を花やにお伝えしたら、もっとイメージが広がるので、気に入ったアレンジをしてもらいやすくなると思います。



★ 花やを選ぶチェックポイント:


花の種類が豊富になってきているこの頃では、花やの特徴も場所によって変わってきています。例えば、駅前の商店街とか、オフィス街とかでは、扱う花材もアレンジの仕方も違います。


ですから、ここは、日頃から贈り物上手な花やを探しておくことをお勧めします。

心がけとしては、時間があるときには、花やをのぞいてみて、どのような花をいつも置いているのか、その花揃いからアレンジや花束作りが得意なのか、花やの対応がよさそうだとか、そんなところを見極められたら、いざというときは楽にオーダーできるでしょう。


店内にアレンジのカタログがあればよいし、または、リボンや包装紙などは充実しているかとか、そういうところもチェックできれば、安心ですね。



★ いざ注文の際の注意点


注文の際には、なるべく花やにアレンジをまかせた方が、きれいなアレンジに仕上がります。お客の立場から、「あ、その花入れて、このチューリップもいいわね、あら、こっちの薔薇も入れたいし・・・」などと、花の指定を細かくすると、予算がありますから、バランスのよいアレンジができなくなります。


特に、数人でお店にはいったりすると、みんなの意見がまとまらず、時間がかかることも。ですから、花の指定よりは色の指定をして、後は花やへお任せください。例えば、「紫系の花をいっぱい入れて」とか、「ピンク系でお願いね」といった注文の仕方の方がいいでしょう。

∞〜〜∞〜〜∞〜〜∞〜〜∞〜〜∞〜〜∞〜〜∞〜〜∞〜〜∞〜〜∞∞〜〜∞〜〜∞
 

★〜★ 人気Blogランキング「花のカテゴリー」に参加しています! ★〜★
                       ↑
           応援クリック投票、こちらをポチッとお願いします!

                ありがとう! 感謝です!
 

タグ:注文
posted by エリー at 12:23| Comment(2) | TrackBack(0) | お花を贈るときに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月11日

思い出と共に花を贈る。いつでも、どこでも、どなたにも。

花を贈る機会があると思います。そのようなときのヒントためのお話です。

花を贈るのは、心です。

EDW0047.jpg

折ふしの行事の時だけ贈るのは、どなたにも思いつくことかもしれませんが、「あなたのことを想って」と気持ちを花に託して、カードと共に贈ってみるのも、とてもよいアイデアだと思います。

そうそう、素敵なカードもたくさん出ていますね。そんなカードも時折集めておいては、花贈りの際に、カードに一言思い出を添えて贈ってみてはいかがでしょうか。

こういう時には、あまり高価な値のはるようなアレンジメントというよりも、もっとかわいらしくて、心和むようなキュートなスタイルの花がよいと思います。

小さいバスケットアレンジもよいですし、ボックスに活け込むスタイルもかわいいものです。

EDW0006 (2).jpg

ギフトされた人が思わず、「うわー、かわいい!」と言ってくれたら、嬉しいものですよね。
この機会のギフトとしては、大成功と言えるでしょう。


さて、こういう思い出と共に花を贈るというときには、日頃から親しくしている花やさんが近くにあるといいですね。

もしくは、上手にあなたの気持ちを花やはまずは伝える方法とか、知っていると得すると思います。

今度は、上手な花やさんへの注文の仕方をお教えしましょう。

∞〜〜∞〜〜∞〜〜∞〜〜∞〜〜∞〜〜∞〜〜∞〜〜∞〜〜∞〜〜∞∞〜〜∞〜〜∞
 

★〜★ 人気Blogランキング「花のカテゴリー」に参加しています! ★〜★
                       ↑
           応援クリック投票、こちらをポチッとお願いします!

                ありがとう! 感謝です!

タグ:花贈り
posted by エリー at 11:57| Comment(1) | TrackBack(0) | お花を贈るときに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月02日

「心のなぐさめに」お花を贈る

友人や知人の病気見舞いに、お花を贈りたいとしたら、どうしましょう。
 
病気のお見舞いには、とにかくにおいの強い花、特に大輪のゆりは、(これは、ハイブリッドリリーと言います)避けるようにしましょう。
 
そのゆりのにおいは、好きな人は好きですが、具合の悪いときにはとても強く感じられるにおいです。
 
しかし、ゆりはエネルギーの高いお花ですから、本当は元気を出すにはいいのですが、体調にあわせるとなると、ちょっと敬遠するときがありますね。
 
ハイブリッドリリーではなく、アジアティックリリー(普通の小ぶりのゆり、または山ゆりなども)は、大丈夫。においはありませんが、しかし、いったん咲くとあまり長持ちしません。
 
また、花粉が散る花もお見舞いにはよくないですね。
 
とすると、やはりゆりは避けた方が無難ですね。ゆりの花粉は強烈ですし、いったんそれが服についたり、テーブルリネンについたりすると、とれないものですので。

DSC00036.jpg 
 
色合いは、どんなものがいいでしょう。
 
なるべく明るい色彩のものを選んでください。
 
やさしい感じのする色彩を選ぶと、心が和みます。
 
あまり、赤や黄色などの原色使いの花がたくさんあると、そのアレンジが元気がありすぎて、ちょっとうっとうしい感じに思えたりします。
 
何事もバランスが大事ですので、原色もあってもいいですが、あまりたくさんは入れないようにしましょう。
 
そんな風にお花やさんに相談するとよいと思います。
 
病院などには、バスケットなどにアレンジした花がいいですね。
 
病室には花瓶がないものですので。


 
でも、お花をいただいて飾ると、やはりその方の気持ちがお花を通して伝わりやすく、しばらく病気の方の癒しになることは、確かです。かわいい
 
私だったら、絶対そうですもの。
 

∞〜〜∞〜〜∞〜〜∞〜〜∞〜〜∞〜〜∞〜〜∞〜〜∞〜〜∞〜〜∞∞〜〜∞〜〜∞
 

★〜★ 人気Blogランキング「花のカテゴリー」に参加しています! ★〜★
                       ↑
           応援クリック投票、こちらをポチッとお願いします!

                ありがとう! 感謝です!
 
 
タグ:お花を贈る
posted by エリー at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | お花を贈るときに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月26日

「集いの場に」お花を贈る

友人宅でのパーティによばれたときは、ほとんどの場合、ニューヨークではワインを1本持っていくことが多いです。
 
これは誰にも喜ばれます。
 
 
それのほかに、私はやはりフラワーデザイナーだから、お花を束ねたり、アレンジしたセンターピースなどを持っていくようにしています。かわいい
 
それは、暗黙の期待というものでしょう。。。私からの。
 
BasketBouquet 2.jpg 
 
たぶん、誰でもお花を習い始めると、そうやって自分が作ったものを持っていってあげたくなってくるようです
 
いいことだ。。。!
 
 
ほとんどの場合、あまりお花を活けるということに縁のない人は、どれがいいアレンジで、どういうものが他にあるのかがわかりません。
 
だから、何でも、「オー、ビューティフル!」って感激されて終わり。
 
きれいに体裁よくお花が入っていると、それだけで「すごいこと!」になってしまいます!
 
こんなに喜ばれるものなんだー、なんて最初はかなり感激しました。手(チョキ)
 
 
誕生日のパーティ、お呼ばれのときなど、その場に豪華に花があるだけで、そのお部屋がますます活気ずくというものですよね。
 
視界に入っているだけで、お花の質感や色合いなど、その場の雰囲気を多いに盛り上げるものです。
 
だから、そんなときはぜひアレンジしたお花をプレゼントしてあげてください。
 
 
なるべく華やかな感じのするアレンジがいいですね。
 
大きな花、中くらいの花そして、カスミソウなどの小さい花をいろいろと混ぜてもらって、ブーケをお花やさんに頼んではどうでしょう。
 

 ∞〜〜∞〜〜∞〜〜∞〜〜∞〜〜∞〜〜∞〜〜∞〜〜∞〜〜∞〜〜∞∞〜〜∞〜〜∞
 

★〜★ 人気Blogランキング「花のカテゴリー」に参加しています! ★〜★
                       ↑
           応援クリック投票、こちらをポチッとお願いします!

                ありがとう! 感謝です!
 

タグ:花 贈る
posted by エリー at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | お花を贈るときに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月25日

“喜ばしい日”のお祝いにお花を贈る

このごろは、お花を贈る機会が増えましたね。日本に帰ると東京のいたるところで、かわいいアレンジが売っていて、ギフトとしてもとめていく人が多いようです。


 
花の種類も豊富になったし、いただく方はもちろん嬉しいですが、贈る方としても楽しみを味わうこともできます。


実際に、私はお花を贈る人の立場からして、いつ、どういうふうにアレンジして贈ったらいいか、贈る人の気持ちが伝わるか、をお伝えしたいと思います。


 
けっこう思いつくことがあるので、何回かにわけて、詳しくお教えします。


せっかくお金を払って、ギフトとして贈るわけだから、気持ちがしっかりと伝わるのが一番です。るんるん
 
では、どうやって、お花に託してその気持ちを伝えるのでしょう。。。


 
まずは、どんなとき?
一番は、これでしょう。


 
喜ばしい日のお祝いに。
 
喜びの日としては、結婚祝いはもちろんのこと、誕生日、受賞祝い、発表会、昇格祝いなどがあげられます。


とにかく「おめでとう!」という言葉が出るときは、その気持ちをお花で伝えましょう。


 
それは、個人的なおつきあいだけではありませんね。
 
日ごろお世話になっている方、仕事関係や会社、企業相手にも利用してください。
 
 
では、どんな花でしょう?


まずは、花束が豪華ですね。かわいい
 
Handtied Bouquet.jpg 
(↑ これは、プロデザイナー科で学ぶ、ハンドタイドブーケ。生徒さんの作品です。)


お花やさんに行ったら、予算と目的とそのお祝い事は何かを伝えましょう。


そして、もしわかれば、そのご本人のお好きな花もしくは、お好きな色合いがわかると、すんなりと注文ができるでしょう。


 
また、季節の花を入れるか入れないかも、予算に関係してきますので、そのお花やさんと相談してみてください。
 
例えば、今は春ですから、チューリップを入れるとか、季節感を現したブーケを差し上げるのも、とても喜ばれると思います。
 


ブーケのほかにも、アレンジメントしたバスケットものもいいですね。
 
to Mr.Higashi.jpg
 
このバスケットアレンジの長所は、すぐに飾れるというところです。ぴかぴか(新しい)


 
茎のままのブーケも見た目は素敵でも、けっこう気の利いた花瓶や花器がなかったりする場合、困ってしまわれることも考えられます。


「どうしよう、何に活けよう。。。」ってね。

 


また、その場がとても忙しそうなときも、すぐに飾れるアレンジは喜ばれます。


主催者に余計な気を使わせないのも考えた方がいいときもあります。
 
ですから、このような場合が想定されるときには、豪華なバスケットアレンジがお勧めです。
 

 ∞〜〜∞〜〜∞〜〜∞〜〜∞〜〜∞〜〜∞〜〜∞〜〜∞〜〜∞〜〜∞∞〜〜∞〜〜∞
 

★〜★ 人気Blogランキング「花のカテゴリー」に参加しています! ★〜★
                       ↑
           応援クリック投票、こちらをポチッとお願いします!

                ありがとう! 感謝です!
 

 
 
posted by エリー at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | お花を贈るときに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月21日

とっても喜ばれるアレンジとは?

当スクールのカリキュラムの一つに、カラーセオリーがあります。ハートたち(複数ハート)
 
色のお勉強のこと。
 
カラーウィールを使っての講義があります。
 
 
そして、最後にそれを応用した、トーン・イン・トーンという一色濃淡の色使いのバスケットアレンジをします。
 
今回は、三上さんと小池さんと一緒に、私もそばで活けました。
 
 
どうしてか、というと。。。
 
その晩は、私のお世話になっているK美ちゃんに、ギフトしたかったから。
 
 
ちょこっと遅いバレンタインの感じになった、ピンクの濃淡のアレンジ。
 
小さなリボンもつけました。かわいいでしょ?
 
 
こんな持ち運びのしやすい、かわいいテーブルアレンジは、いただいても苦にならないもの。
 
ちょっと飾って、ずーっと楽しめるっていうものだから。揺れるハート
 
valentine gift (2).jpg
 
もちろん、とーっても喜ばれたのは、言うまでもありません!!
 
これは、一番最初に学ぶ、ラウンドができると活けられます。
 
楽しいよ!かわいい
 
posted by エリー at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | お花を贈るときに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。