★ エリー・グレースから学ぶ、フラワーアレンジメント通信講座!
NYスタイル「楽しいテーブルアレンジ」

手軽にできて、豪華でかわいいフラワーアレンジをレッスンします!

★★ このブログの「フラワーアレンジメント元気通信、NYより!」は、アメブロに引越しして名前が変わりました。「NYフラワー元気通信!」続きはこちらから。

2009年03月22日

3月21日の結婚式の花

3/21(土曜日)は、以前もお知らせしたとおり結婚式の花を活けこみました。インターコンチネンタルホテル(Lex.と48St.)でのレセプション。

そのテーブル花は、全て生徒さんたちの手がけた作品。インストラクターコース以上の方5名が手伝ってくれました。この前、レッスンでやったドームシェープのセンターピースです。

これが、そのセンターピースが飾られた会場の様子です。
メインのテーブルは、大きなアレンジです。
DSCF6933.jpg

グリーンのミニチュアハイドレンジア(ミニあじさい)が入っています。
こんな花。↓
greeen hydrensia.JPG

これが、もっと咲くとかなり大きくなるし、花持ちもいいのですが、5日経ってもあまり咲きませんでした。ようやくこのくらい。本当は、もっと大きくて見事ですが、それでもなかなかかわいい花です。

頼まれた色が、白とグリーンのアレンジということでしたので、白を中心にまとめました。

どなたもさすがに練習の成果があって?すごーくお上手。活けてもらっている間に、私は教会に飾る花とか、レセプション会場の入り口の花とかを活けていました。

朝からかなりバタバタして、全て終わってほっとしたら、バラのとげでえぐられた指先が痛み出しました。きれいなバラには、鋭いとげがあるのですよ。急いでいると、ぐっさりやってしまいます。。。

今月号のフラワーニュースレターには、このウェディングブーケを載せることにします。キャスケードブーケを作りました。シードユーカリプスを使いましたが、かなり重くてそれを垂らすのが一苦労。細かい裏方作業にかなり時間がとられます。

花嫁さんの雰囲気に合わせてのエレガントブーケです。お渡ししたときに、「ステキー!」と言ってくださって、それで全てが報われるっていう感じです。一番ほっとする瞬間。とてもエレガントな方にお似合いのすその長いドレス。彼女にぴったりのブーケが出来ましたー!

今日は、そのホテル付近は工事やらVIPの到着やら映画の撮影とかで、近くまで車が行かなくて、花の運びこみにかなり苦労しました。

活けるだけでも神経使うのに、その他もろもろの作業がたくさんあるのが結婚式です。今、全て終わってホッとして、とても美味しくワインをいただきながらこのブログを書いています。。。

いやー、帰りの車で3分に一回くらいあくびをしながら運転して帰ってきました。ホッとしたら気が緩むこと。。。

また後ほど写真をHPにアップしますので(英語の方ですが)、見てくださいね。

DSCF6916.jpg
メインテーブルの大きなセンターピースです。

DSCF6940.jpg
 ↑ ホテルのレセプション会場の入り口のウェルカムデスクの上のアップライトのアレンジです。先に教会に飾ってから持ち帰ったもの。

忙しかったけど、とても楽しい活けこみが出来ました。お手伝いくださった方たち、どうもご苦労様。幸せ作りのお手伝いにご自分のスキルが生かされましたね。

しかし、今日もまだ寒くてしっかり厚手のコートが必要でした。セントラルパークでの写真撮影会はどうだったのでしょうかね?
posted by エリー at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | NY・お花のこぼれ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月16日

春色のアレンジに癒される

この週の金曜は、13日の金曜でした。欧米では、昔から13日の金曜は不吉なことが起きるとか言って、よくホラー映画に取上げられたりしたものです。

みんながそんなことを思うから、起きるのでは??と思うのですが。。。

不吉なことではないけれど、帰り道では、アシスタントの斉藤さんの運転する車からジョージワシントン橋の上での2つの大きな事故を目撃してしまいました。

あっちとこっちと2つ。全く別の事故だけど、ほとんど時間的には同時くらい??

反対車線を走る私たちのレーンがのろのろなので、いったいどうしたのかと思ったら、その向こうのMHTに向かう車線が完全ストップしているようです。救急車もどんどん走っています。「これは事故かしらね?」なんて話していたら、「あらーーー」。

車一台は横転しています。かわいそうに。。。

あーあ、MHTの教室ではとってもすてきな花を活けた後だったのに。。。

いやな話の後でごめんなさいね。
事故にはとにかく気をつけましょうね!

春色いっぱいのNYスタイルのアレンジメント。
こんなステキな花をつかったんですよ。
3DSCF6798.jpg

白のヒアシンスを中心に撮りました。とってもいいにおいでしたよ。それにピンクのチューリップもかわいいですね。

その金曜もまだ朝は氷点下でした。でも、もうそろそろ気温があがりそうな気配がしますから、来週に期待したいところです。

posted by エリー at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | NY・お花のこぼれ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月11日

銀行に寄ったときのこと

キタノホテルのお花の活けこみの後、入金があったので、チェイスバンクに寄りました。私のメインバンクです。

入金の用紙に書いて、全て用意してただデポジット(入金手続き)をするだけでした。いつものようにロビーにあがっていくと。。。

「ハロー、ハウアーユー?」

えっ、やたら声をかけてくる。。。カスタマーサービスのお姉さんだ。

最近、銀行に行くとやたら愛想がいいのです。
今までと違います。
この景気が悪くなってから、とても感じます。
もう一つのバンク、シティでも同じでした。
銀行もやれることはやろう、という心構えなのでしょう。

「ただ、デポジットだけするの」

「それなら、カレもヘルプできるから、こちらへどうぞ」

と、なんと、特別顧客担当のお部屋へ通されました。

いやー、ちょっとした金額だから、いいってばーー。
と、こころの声が叫んでましたけど、お兄さん、暇そうだったから、ちょっとやってもらおうか、と思って椅子にかけました。

「どんなビジネスしてるの?」などと質問が始まりました。

やっぱり。。。
「こんなプロダクトあるけど、どうでしょうか?」

と、今度はちょっと先輩のような女性に繋げられました。

そこで、その女性と話すうちに、私がフラワーデザイナーで、教室を経営していると言った途端に、
「私、そういうのをやりたいと思っていたのよー」
と、興奮気味に話始めるのです。

それから、お花に関しての質問攻め。
費用はどれくらい?どこでやっているの?どんなもの?などなど。。。

要するに、いつどうなるかわからないから、そういった手に職をつけることを積極的に考えているとのことでしょう。ひしひしと感じました。

アレンジメントの単発クラスを以前とったことがあるけど、(ドライフラワーだったらしい)とても楽しいから、またやってみたいとのこと。

まぁ、自分の進めるプロダクトそっちのけで、熱心なこと!

私の英語のサイトを教えたら、ぜひWaitingリストに登録したいと。
今、私の英語のレッスンを待っている人たちは10名以上になりました。

春にでも初めての英語でのセミナーをしてみようかな、と考えていたところで話したら、「絶対に、行くー」とのこと。

まぁ、まぁ、驚きましたよ。まさか、銀行でこんな話になろうとは。

シェリルという黒人女性。とてもおおらかそうで笑顔がステキな人。
教えたら、おもしろいことになりそうな予感。。。

PS:
キタノホテルでは、今年初めての八重桜を活けました。
早く本当の春になれ〜。今、まだ0度前後のNYです。
IMG_4969.jpg



posted by エリー at 11:59| Comment(1) | TrackBack(0) | ニューヨークの街角から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月05日

粒コショー事件

3月5日木曜日は、MHTで夕方からクラスがあります。
いつもよりずっと早い時間に夕食の支度をしてそれから出かけるのですが、その時のこと。

冷蔵庫の残り物の野菜類をいろいろ集めて、それに春雨をいため合わせて、チャプチェ(韓国風焼きそば?)を作りました。

少しずついろんな野菜が入ると美味しいし、それに牛ひき肉で作っておいたそぼろの残りがありましたから、それを入れるとなかなかいい味。一番最後に、錦糸玉子を混ぜるといいのですが、なんとまたこの日は、残り物の厚焼き玉子があったので、それを薄く切って入れたからかなり豪華に見えます。るんるん

もう出かける時間が迫ってきました。急いで仕上げをしようと味付けをしていたら、、、

黒粒コショーのミルのグラインドするところ(真ん中をぐりぐり回すタイプ)が、パカッとはずれて、中味の粒コショーがバサーーッと散らばりました。

「えーーっ、何でこんなときにーーー」がく〜(落胆した顔)

まん丸粒コショーの黒いものがガスレンジの上から床にかけて、かなり散らばっています。

せっかく作ったチャプチェの中にも、いっぱい。先日、粒コショーをミルに補充したばかりだったからー。

あーぁ、とため息をつきながらも時計を気にしながら、とれるところは取り去ったチャプチェ。もうやだ〜(悲しい顔)

味見をしてみたら、時折ガリッと音がして、コショーの味がじわ〜っと。でも、思ったほどではありません!?

ま、いいか!と時間がきたから、床には散らばったままでしたが、そのまま出かけることに。

粒コショーより、レッスンの方が大事です!遅れるわけにはいきません!

家族がなんて言うかな、、、と気にしながらもお花を積んで出発。

さて、帰宅したら息子がちょうど食事中。。。
「お母さん、なんかコショーがいっぱい入っているよ。ガリッと音がするんだけど。。。」

「そうなのよ、失敗しちゃったー」と苦笑いの母。

なんとかそれを取り除きながら食べようとしています。

私もレッスンの後、とてもお腹がすいて帰宅したから、床の粒コショーを横目に見ながらも食べました。まずは腹ごしらえと。まぁ、悪くはありませんでしたよ。(強がり??)

その後、キッチンを掃除してバスルームに行くと、あれ、ここにも粒コショーがかなり落ちている。。。どうして??

あー、私のスリッパに潜んでいたようです。出かける前にバタバタしていたから。

そんなこんなで笑っちゃう夕飯でした。揺れるハート

でも、クラスでこんなにステキなアレンジをプロ科さんがしてくれたから、私はしっかり癒されましたけれど。。。名づけてひな祭りアレンジ。教室ブログにアップしています。
DSCF6721.jpg

そして、次の日、生徒さんたちと話しているときに、思い出しました!

3月5日は、なんと、エリーズ・ニューヨーク・フローラル・デザインの10周年の記念日だったのです!ぴかぴか(新しい)

1999年の3月、MHTの友人宅から始まった私のクラス。

なんともユニークなイベントになったような粒コショー事件。きっと、後々懐かしく思い出すのでしょうか??


posted by エリー at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれなるままに・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月02日

メガ・ストーム

3/1(日)の夜中、雪が降りました。そして、朝起きてみると、積雪量は約20cm。
テレビのお天気を見ると、「メガ・ストーム」と呼んでいます。
なるほど。。。
どうぞ、この冬最後の雪にしてください、お願いしますっ!って感じ。

学校は、もちろんお休みですが、仕事の人たちはさぞ大変だったことでしょう。
朝一に雪だと、大変ですよね。雪かきもあるし。。。

私の月曜日は、オフデイなので、幸いにも私には影響ありませんでした。
だから、こんな小さなアレンジをしてゆったりと過ごしていました。
ベッドルームに飾ります。余り花で充分にできます。

DSCF6698.jpg

こういうアレンジのコツは、やはり高さかな?
お花器の高さの一倍半くらいの高さにまとめると、決まりますよ。

土曜日に草月レッスンもあったから、なんか少しずつの花を集めたら、かわいいアレンジができました。
なにげに、、、グルーピングしています。

3/1の夜に、カリフォルニア州のサンノゼに出張中の息子から電話です。
フライトがキャンセルになったとのこと。
ボストン大学の女子ソフトボールチームのメンバー20名と一緒です。
カレはチームのアスレチックトレーナーのインターンをしています。

翌日にフライトを変更されたけど、はたして飛ぶのか??
だって、ボストンはNYより積雪が多くて、35cmとのことですから。
なんかチームのみんなのフライトは、今度はバラバラになるのだそうです。
息子のフライトは、一度ロスに飛んで、夜の便でボストンへ。

私は家でぬくぬくしているから、かわいそうになってきますねぇ。。。

1994年の大雪のときに、私にも同じことが起こりました。
シアトルに用事ででかけて、さぁ帰ろうというときに、シアトルは晴天なのに飛行機がキャンセルになり。。。
どうしたのか、と思ったら、NYは記録的な大雪。

ようやくその3日後に空港に着いたら、そうか、、、こんなにひどかったかーーと絶句。

高速道路の3車線が、まんなかの1車線のみになるくらい、両脇に大きな雪の掻き分けた山があり、雪のトンネルの中をタクシーで帰った覚えがあります。

あんなにひどい雪は最近ないけれども、いつも雪が降るという予報を耳にすると、この時のことがはっきりとよみがえるエリーです。

そして、未だに氷点下のNY。今は、マイナス5度ですよ。
氷河期に戻っているような気がしないでもない。。。

さて、食料品はちゃんと買い込んであるから、今から何か美味しいものを作ろうかな。
posted by エリー at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ニューヨークの街角から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月23日

最近の草月ワーク

今年に入って、かなり草月に力が入り始めたエリーです。
最近、「2級師範参与」という資格をとりました。

私のお花への入門のきっかけは、草月流。
留学時代に博士課程に進んでいるマチコさんという方が、熱く草月流のおもしろさを語ってくれたことがきっかけ。
その時にすぐにでもやってみたい、と思ったほどでした。
でも、そのときは周りに先生がいなかったので断念し、日本に帰国後すぐにスタートさせたのは何年前??

NYでは、月に2回ほど、57丁目の「日本クラブ」にて、神崎先生のレッスンを受けています。
草月の道すでに50年、という強力なバックグランドがある先生です。
そこに行くと、私なんかまだまだひよっこだなーと感じます。

1月と2月に活けたものがこれ。
全くフラワーアレンジメントと違うテイストを見てください。
お花に興味がある人は、お花をあちこち違う角度から「活ける」ということにおもしろさを感じると思います。
お花をふんだんに扱っていると、今度はシンプルな線の動き、枝ものを使ったアレンジに興味が沸いてくるものですよ。

DSCF6309.jpg
これは、葉っぱだけ、ハラン(タイリーブス)だけを使って活けなさい、お題をだされたもの。
小菊は、愛嬌です。。。主役がハランの動き。

DSCF6299.jpg
今度は、レンギョウちょっと入れて、線の動きをだしたもの。こちらにもハランが入っています。
曲げたり、伸ばしたりしながら、線を作っていくものです。

DSCF6318.jpg
この時は、ベイビーブレス(かすみそう)だけの一種活けのお題がでました。
「分解して再構成」というテーマがあります。
かすみそうの線だけを使うこともあります。むずかしい。。。

メキシコ人の友人の作品は、こちら。
活けたものを動かせなかったから、背景がじゃまだけど、変わっているのがわかるでしょ?
DSCF6320.jpg
赤と黒の花器を使って、上の方と下の方にマッス(固まり)を作って、後は線を見せています。
きれいな背景で撮りたかった。。。
彼女は、メキシコ時代にNYの先生のところまでレッスンに来て、その後メキシコ人として唯一教えていた人。すごく上品で知性溢れる方です。

メキシコ時代には、テレビ番組も持っていて、毎週30分、草月を紹介していたそう。
発想がとてもおもしろい人で、一緒に活けるのが楽しいです。

DSCF6327.jpg
こちらは、高い場所に活けるというテーマに沿って、高いカウンターに活けています。
活けた場所は、ちょうど目の高さのところ。
上から垂れる活け方もいいかもしれませんね。
私は横に流してみましたが。
これもチャレンジングでした。

DSCF6614.jpg
今度は、早咲きの桜を使ったアレンジです。
横長の花器にまたハランをくねくねさせました。
チューリップを使うのは、めずらしいことです。菊とか多いけど、あまりにもきれいだったし、春めいていたから仕入れてきた、と先生が。

そして、今度は投げ入れです。
DSCF6626.jpg
先ほどのアレンジと組合わせて活けました。
いわゆる2つ活けになりました。

組合わせるとこうなります。
DSCF6622.jpg
大きなテーブルにアレンジするには、いいですよね。
本当はもっとハランを使いたかったけど、、、他の方の分がなくなりそうだったから、椿の葉を使っています。

近くで見ると、椿が一輪咲いているのがわかりますよ。
DSCF6630.jpg
右下の赤い花が椿の花です。もう春ですねー。
桜はまだつぼみが固いけど、2-3日のうちに咲くでしょう。


フラワーアレンジメントとは全く違う手法で活ける生け花。
「花あしらい」という勉強には、最適ですよ。
空間をとても意識したアレンジも、大変勉強になります。

私のアレンジは、NYスタイルが主流なので、たっぷりとした花使いと配色のハーモニーが特徴的と思いますが、こういった斬新なスタイルを勉強して、ブラッシュアップしています。

お花の学びは一生続きそうです。。。

posted by エリー at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | NY・お花のこぼれ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月16日

フレーバーティ

DSC_3426_2lan.jpg

今日はアメリカの祝日。プレジテントデイ。リンカーンを記念する日でお休みのところが多いです。
でも、それが州や自治体によって休みになったり、そうじゃなかったりするところがアメリカ的。

長男の大学は休みになったから、ちょうどバレンタインの週末でもあるし(?!)帰宅してきました。
ま、一応言うことはイッチョマエ。
お母さんに「ハッピーバレンタイン!」だって。
母にプレゼントを買うお金がないから、顔を見せに来たとのこと。。。
ま、いいか。リップサービスでも。。。(けっこう喜んだ私であった)

そうしたら、息子の親友のエリックも同じ考えだったようで、父親と相談して、帰宅をサプライズにした、と言っていました。
カレも全く息子と同じ考え。
「家賃を払って、行きかえりのガソリン代を払って、もうそれ以上余裕なし。だから、顔見せをサプライズにしたんだ。」と、ペンシルバニア州から帰宅してきました。

しかし、、、この二人に共通する点。
彼女が遠距離ということ。
ま、裏を見るとモロモロきりがないから。。。表だけを見て喜んでいましょうー。(笑)

3日間いて、ついさっきボストンに戻ったけど、息子2人の食事作りに疲れた母でした。。。
まぁ、二人の食べること。

つい私も張り切ってたくさん作り、帰宅のときに持たせる分までいろいろと週末にクックして、ちょっと疲れた。今朝はランチ分においなりさんまで作っちゃった。
昔は毎日やっていたのにね。

それで、今一息ついているところです。
フレーバーティを飲みながら。

コーヒーを飲み終わった後に、まだ何か飲みたい気がしたら、冷凍庫にいろいろと美味しいお茶類を入れていることを思い出しました。

そうしたら、あれ〜。ずいぶん種類があったわー。
すっかり忘れていたものも。けっこう出てきたー。
その中から選んでいれたものが、フレーバーティ(香りのついている紅茶)のブラックベリーティ。

フォーションのだからかな?美味しい!

私の一番好きなベリー系は、ラズベリーです。
チョコと組み合わせると、超美味しいよね。

しかし、ブラックベリーって見たことない??どんなんだろう。
他のベリー系に比べて甘くなく、すっきりとした飲み心地が気に入りました。

コーヒー、紅茶、お茶類が美味しい!って感じるときって、ちょこっとだけ疲れていて、そしてのどが渇いているときと思います。

今日は、すごーく美味しいって感じています。

posted by エリー at 06:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 美味しいもの大好き! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月15日

可笑しな虫の知らせ

320DSCF5748.jpg

金曜の朝は、キタノホテルの花の手入れに向かってから、フラワースクールの教室に向かいます。

木曜の夜に、さぁ、そろそろお風呂に入ろうかな?としていたときのこと。

テーブルの脇で「バサッ」という音がして、何かと思ったら。。。

白の菊の首がばっさりとバラバラにばらけて落ちました。。。

その白の菊は、ついこの前の火曜日にホテルで活けた残りの花をもらってきて、他の前からの花にたった一輪挿しておいた花でした。つまり、その花瓶では一番新しく、とてもきれいに咲いていたのでした。

「あれ?何かあったのか?それとも、これからあるのかな?」

そういう時って、普通何か不吉なことが、、、と言いますでしょう?

さて、何だろう?でも、あまり自分の身の回りのことの胸騒ぎはしませんでした。

じーっとその落ちた菊を見ていたら、、、「あ、キタノホテルの花に何かあったのかな?」という気がしてきました。

それで次の朝は、いつもより15分ほど早く家をでることにしました。
その日は不思議とバスの乗り継ぎの便などがよく、すいすい着いたのでいつもの花手入れより余裕の時間がありました。

さて、お水やりを始めようと思って、作業場へ向かったら、、、
あらー、いつも置いておいた場所の棚がすっぽりとなくなっています。
当然、お水差しのじょうろやバケツや花はさみなども。。。

困った。
セキュリティに駆けていって話しを聞くと、消防局からの通達でその場所を広く開けることになったそうです。

それが、活けた翌日に全て移動したとのこと。
しかし、捨てられることはないと思うのですが、どこにあるのかわかりません。
関係者たちが出社するには、朝早すぎたので。

あちこち探してもらって、花はさみ類はでてきたのですが、肝心の水差しがなくなっていたので、そこにあったピッチャーみたいなものを使って、水を足して花の手入れをしてきました。

その日は、もうその後の予定が詰まっていたから、またキタノホテルに戻る余裕がないので、また水差しのことなどを聞き出す時間がありません。あの水差しは、草月のブランドのもので、とても使い勝手がよく手入れが楽にできるものなのです。

なんとか予定の作業を終わって、教室に向かうとき、ハッと、昨夜の白い菊のことを思い出しました!
そうか、これだったんだー。

時計を見たら、ちょうどいつもの時間通りです。

つまり、あの菊の花首が教えてくれたことは、このことだったのかなー、と不思議な気がしました。

その予感に従っていつもより15分早く出たおかげで、教室にも遅れることなく、全て大丈夫でした。

白菊を通してのメッセージ??虫の知らせ?
なーんちゃって。
でも、直感を信じなさい、とはこういうことなんですね。

posted by エリー at 03:11| Comment(0) | TrackBack(0) | NY・お花のこぼれ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月14日

バレンタイン活け

バレンタインの前日、MHTの街中ではすでに赤いバラのアレンジや花束を持って歩いている人たちが目立ちました。

3月にするウェディングの最終打ち合わせをするために、インターコンチネンタルホテルに向かいました。
このホテルのフロントのアレンジはゴージャスで有名なのです。

そのエントランスホールで見かけたのが、コレ!
あれっ?変なおじさん?!
なんか、花を活け替えたり、水を足したりしています。

intaerconti1.jpg

私、つかつかっと近づいて、いろいろと質問しちゃいました。

ん??
なんと、このおじさんは、このアレンジを活けたフラワーデザイナーだったのです!
39St.と5Ave.にある花屋だそうです。

「大きな花器なので、それにどうやって活けているの?」
「オアシスも入っているし、水もたっぷり入れているよ。」

「どうやって活けたの?はしご使ったりして?」 (冗談で言ったけど)
「NO!!!」

大笑いされちゃいました。。。

火曜日の朝6時に、この大きなテーブルの下にビニールシートを広げて、男性のデザイナー3名で活けたとのこと。

そうでしょう、そうでしょう。
男性の力を借りないと、とうてい持ち上げられない大きさと重さのアレンジになっていますから。
それは重そうですよ。

ボケの枝としだれ柳が入っていますから、大きさが充分にでますよね。


intaerconti3.jpg

さて、真っ赤のアレンジはいかに??
もっちろん!バレンタイン週の活けこみだからです!
今週は意識的に、絶対に赤にしないとね!


その日のレッスンでは、私のスクールのバレンタインアレンジメントをしましたよ!
花合わせは、こちら!
Dome11.jpg

私たちは、ロマンチックにバレンタインに迫ってみようと思います!
その活けこみの様子は、教室ブログにアップしましたから、見てください。

しかし、インターコンチホテルのゴージャスアレンジが変わりました!
ホテルの内側の人に聞くと、、、今、いくつかの花屋からサンプルアレンジをしてもらっているとのこと。

以前は地球儀のような、大きな大きなゴージャスなラウンドのアレンジが有名でしたのに。。。
それを見れるかと思っていたら、あれ?ちょっと格下げ??

なーるほど、ですよ。
このホテルもお金をしっかり削る方向に動いているということです!
だって、以前のアレンジなら、もしかして2000ドルもしたりして、、、と思うくらいすごかったですから。
今日のこのアレンジは、それに比べてとてもステキですが(私は個人的には好きですけど)、花の数が圧倒的に少なくなりました。

どこのホテルも稼働率が悪くなってきているそうです。
しょうがないねぇ。。。
posted by エリー at 00:38| Comment(2) | TrackBack(0) | NY・お花のこぼれ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月13日

今日の勉強会

今月から、新カリキュラムが登場します。
その発表をもうすぐしますが、その前に勉強会を。

今日は、NJでの月1回のレッスンをして、初めてのスタイルを卒業生たちに活けてもらいました。
プロ科の新テクニックで、たっぷりのお花のセンターピースです。

それは明日にお見せするとして、今日の午後にインストラクターコースに進んでいる生徒さんたちに、新カリキュラムの説明会とデモを行いました。

花が以前ほど簡単に手に入らなくなったもの、その反対に調達しやすいものなど、年々変わってきています。
そこで、かなりの花の調整を行いました。
そして、新カリキュラムも導入しましたので、他のテクニックコースの生徒さんたちに教えるまえに講習が必要です。

今日は、かわいいビーダーマイヤーというスタイルをみんなでやってみました。
5人がかりでワッとやったので、早い、早い。
それが、これ! フラワーケーキみたいに出来上がりましたよ。
Bieder2.jpg
ちょっとクラフトチックなところがありますが、、、きゃっわいいーーの!(笑)

今日は、バレンタインの前ということで、問屋さんには赤とかピンクの花ばっかり。
それで花材をあわせてみました。

お花を縦に見ると。。。
Bieder5.jpg

きっと、習ったらすぐにお家でも作れるスタイルですよ。
プレゼントにも最適です。
ベーシックコースのスタイルの一つです。

なんだかんだと勉強会は盛り上がり、夕方までしっかりやりました。。。
午前中からずーっとで、外は真っ暗まで。
皆さんとても熱心です。

また明日は、プロ科のお花をお見せしましょう。
posted by エリー at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | NY・お花のこぼれ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。